新型レクサスUX VS スバル・XV 徹底比較!どっちが勝る?

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額

下取り車をどこよりも高く売る方法というのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。

クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。

あなたの愛車が高値で売れる
新しい買取りサービスになります。

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

⇩無料診断してみる⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


2018年11月に販売が開始された新型レクサスUXと、2018年10月にモデルチェンジされたスバルXVを徹底比較。果たしてどっちが勝るのでしょうか?
日本の道路事情に合わせたコンパクトモデルが国内外の各メーカーから続々と発売される中で、この2車種を比較してみようと思います。
ニーズに合わせて購入の参考にしてもらいたいです。

スポンサードリンク

新型レクサスUX vs スバル・XV 人気グレード価格比較

まずは価格帯から比較してみます。

https://www.subaru.jp

スバルXVは5つのグレードからなり、標準グレードである1.6L‐DOHCエンジンの「1.6i」が2,138,400円~で、2.0L‐DOHC直噴エンジンを搭載した「2.0i-L」が2,505,600円~と、新車価格としては各メーカーのSUVの中でもかなりお手頃な価格帯となっています。
また、2.0L‐DOHC直噴にモーターを搭載した最上位モデルの「Advance」でも2,829,600円~と、300万円を切る価格設定になっています。
社会人になりたての若者でも十分に手が出せる価格ではないかと思います。

https://lexus.jp

対して新型レクサスUXは直列4気筒2.0Lエンジンを搭載した「UX200」と、ハイブリットシステムを追加した「UX250h」の2グレード。「UX200」が3,900,000円~で、「UX250h」が4,250,000円~と、やはり高級志向のレクサスらしい価格帯となっています。 200万円近くの違いのどこに価値を見出すかは、オーナーの価値観次第になると思います。

スバルXVの人気グレードは?

https://www.subaru.jp

2.0i-L EyeSight

車両本体価格 2,505,600円
スバルXVはガソリン車の2.0i-L EyeSightが人気のようです。 販売台数もスバルXVのグレードの中で一番売れています。

レクサスUXの人気グレードは?

https://lexus.jp

UX250h”F sport”

車両本体価格 4,780,000円
レクサスUXはハイブリッド車が人気です。
販売台数もUX250h”F sport”が一番売れているようです。

結果人気グレードの価格差は2,274,400円となります。
同じコンパクトクロスオーバーではありますがここだけを見ると別物になってしまいますね。

最上級グレードでエンジン比較

スバルXV「Advance」2.0L直噴
https://www.subaru.jp

最大出力【NET】
107kW(145PS)/6000rpm
最大トルク【NET】
188N・m(19.2kgf・m)/4000rpm
モーター出力10kW(13.6PS)

新型レクサス「UX250h」直列4気筒2.0L
https://lexus.jp

最大出力【NET】
107kW(145PS)/6000rpm
最大トルク【NET】
188N・m(19.2kgf・m)/4400rpm
フロントモーター出力30kw(109ps)

とほぼエンジン性能に大差はありません。 ただ、モーター出力はレクサスに軍配が上がりますね。
やはり、ハイブリッドは本家本元のトヨタです。 車を道具だと考えれば、価格差からやはりスバルXVの方がお買い得です。
ファッションの一部として見るのであれば、400万円前後でレクサスのオーナーになれるのは魅力の1つではないでしょうか。

➡レクサスUXの維持費と最適ローン年数!残価設定は月々〇万円

スポンサードリンク

新型レクサスUX VS スバル・XV 大きさの違いは?

次に大きさを比べてみます。 まずはエクステリアから

スバルXV
https://www.subaru.jp

全長4,465mm
全幅1,800mm
全高1,550mm

新型レクサスUX
https://lexus.jp

全長4,495mm
全幅1,840mm
全高1,540mm

と若干レクサスUXの方が大きいがそこまでの差はないですね。
どちらもコンパクトにまとまっており、Lサイズの大型SUVと比べても道を選ばず、運転が苦手な方でも運転しやすい仕様になっています。
特に都心の駐車場事情を考えると、全高が1,600mm以下まで抑えられていることで立体駐車場にも収まるし、狭いコインパーキングでも気軽に駐車できそうです。
タイヤのサイズはともに225サイズでSUVらしさを演出しています。
https://lexus.jp

ラゲージスペースに関してはスバルXVが容量385L、レクサスUXが220Lと積み荷積載量に関してはスバルXVに軍配が上がります。
スバルVXは2列目シートを倒せば自転車がそのまま積める容量があり、家族で遠出するときにも困らなそうですね。
そもそも積載量重視で車選びをするのであればワンボックスを選べばいいのであって、レクサスUXを選ぶ層にはあまり重要ではなさそうですね。
どちらも5人乗りSUVとしては少し小ぶりなので、4人なら余裕があるが5人乗ると少し窮屈に感じるかもしれません。

➡レクサスUXの後部座席と荷室容量検証!車中泊は

スポンサードリンク

新型レクサスUX VS スバル・XV 燃費が良いのは?

新型レクサスUXとスバル・XV の燃費はどちらが燃費が良いのでしょうか?
JC08モードで比較しみたいと思います
https://www.subaru.jp

スバルXVの「1.6i」は16.2km/L、「2.0i」も16.4km/Lと大差はないです。
モーターを追加した「Advance」はJC08モードで燃費19.2km/Lと若干燃費は向上。
https://lexus.jp

対して新型レクサスUXは「UX200」が17.2km/L、「UX250h」でAWDが25.2km/L、2WDが27.0km/Lと燃費に関しては、新型レクサスUXは1Lあたり10Km近く燃費がいい。
走行距離にもよるが、普段通勤等で日常的に車を使うなら月当たりガソリン代にかなり差はでそうです。
一月当たり1000Km走るとすると年間約15万円の差となります。
ただ、車代の200万円の差を燃費で埋めようとすると、13年以上かかるので、そこは現実的ではない気がします。
ただ、トヨタのプリウスが約40km/Lであることを考えると、どちらの車種も一般的なエコカーと比べてそこまで燃費がいいとは言えないですね。
https://lexus.jp

ただ、実質燃費として都心など信号の多い地域で街乗り中心で使うのであれば、停車状態から発進時のエンジン性能に差がでるのでモーター駆動車をおすすめしたいが、スバルXV「Advance」に関してはWLTCの市街地モードで、11.5km /L、新型レクサスUX「UX250h」はWLTCの市街地モードで22.0km /Lと大きく性能差が出てしまいます。
となると燃費だけを見たらレクサスUXを選ぶのが良いでしょう。

新型レクサスUX vs スバル・XV 5年後10年後の買取り相場

乗り換え時の買い取り価格について考察してみます。
ここは需要によるところが大きいので、数年後にどちらの車種にニーズがあるのかを考える必要があります。
新型レクサスUXに関しては、一つヒントになるのがトヨタC-HRの存在、C-HRは2017年度にSUV販売台数第1位を取ったほど人気の車種であり、「AUTOCAR Awards」の「Game Changers」賞を受賞しています。
これは、「同クラスに、これまでにないスタンダードを設け、従来の価値観を一変させるもの(AUTOCAR英国編集部)」に与えられる賞でなんです。

➡新型レクサスUX VS トヨタCHR 徹底比較
https://lexus.jp

新型レクサスUXはこのC-HRと同じ「GA-Cプラットフォーム」を使用しており、似た感じに見える理由はここにあります。
レクサスUXが属するCセグメントは各メーカーからも発売されていますが、今後このクラスの車のニーズはさらに高まると予想されます。
核家族化と少子化が進み、大人数を乗せる機会も減少している昨今、小回りが利き、駐車スペースを問わず、スタイリッシュな小型のSUVはまさに求められる要求をすべて満たしてくれる車だといえます。
その中でもC-HRは風穴を空けた存在であり、兄弟車である新型レクサスUX人気は、5年後、10年後でも衰えるとは考えにくいです。
https://lexus.jp

対してスバル車は一般的に受ける印象というより、「スバリスト」という表現があるくらいあるコアな客層が強い印象です。
世界で見てもトヨタ車とスバル車の知名度には大きな差があるの事実。
車を下取りに出したとき、中古車としての需要は日本のみならず世界規模でみてもトヨタ車のニーズの方が大きいです。
そこを考えると、買い取り価格は間違いなく新型レクサスUXの方が値が下がりにくいことは間違いなさそうです。

ディーラーマン
実際に査定をしていてもトヨタ車とスバル車では同格同年式同走行距離の車で見たときにビックリするぐらい差が出ます。

レクサスが値引から更に50万円安くなる!その方法!!

「新車が欲しいでも予算が…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「ディーラーをいくつも回るのは面倒…」
「グレードは下げたくない…」
「査定後のディーラーの売り込みがイヤ」
などなど、
新車の購入を検討してみると
悩みが尽きない…
という方、
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したけど
「聞かれてもわからない」
「ディーラーに行けばいいんじゃない」
と一蹴される始末。
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。
そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


下取り車を高く売るには?


下取り車である
あなたの愛車を高く売るには
一社だけでなく数社に査定をしてもらう事が
必要になります。
数社というと何社くらいが良いのか
というと、最低でも3~5社!
3~5社回ることで、
相場が見えてくるので
交渉もしやすくなり、
一番高値で提示してくれた
業者に決めることができます。
ですが!!
3~5社回るとなると、
結構な重労働になりますよね。
しかも、査定時間に30分くらいかかります。
そして、
当然その後は営業マンからの
営業が始まります。
スタートは買取り限度額より、
50万くらい安く始まります。
またそのやりとりには、
時間もかかり、押しに弱い人は
断ることもできず、しぶしぶ
売却することにもなりかねません。
ではどうしたら!?

 

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額
下取り車をどこよりも高く売る方法
そのワザというのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。
先ほども
お伝えしましたが、
愛車を高く売るには
買取り業者を数社まわる必要があると
おつたえしました。

これができるのが、
クルマ買取りオークションなんです。
クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。
あなたの愛車の情報が
ネットオークションに掲載され、
最大5000社から買取りオファーが
受けられる新しい買取りサービスになります。

一括査定サイトはもう古い!?

一括査定サイトが少し前に
流行りましたが、利用者の評判が
良くなかったということがあり
今では利用者が減っています。
一括査定サイトは申し込んだ瞬間に
自分の情報が複数の買取り店に渡ってしまう事。
更に、たくさんの業者からメールや電話が
ひっきりなしに来るので、
利用者にとってはかなりの負担となって
いました。

口コミや評判では
「結構、面倒だった」
「電話がしつこかった」
「断るのが面倒…」
などなど
こういった一括査定サイトの
デメリットを解決し、
更に
手軽に簡単にわかりやすく
高値で愛車を売ることができる
サービス
クルマ買取りオークションの
ユーカーパック
なんです。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

買取りオークション「ユーカーパック」メリット!

かんたん」「安心」「高く売れる」が
特徴の「ユーカーパック」

メリットは?
・完全無料
・査定は一回きり
・あなたに代わりオークションに掲載
・最大5000社が入札しあう
・査定から売却を代行
・個人情報が公開されない
・営業電話が無い

などなど上げたらきりがないくらいです。

買取店が参加するオークションなので、
買取店同士が競り合ってくれるので、
高い買取価格に繋がります

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

更に
マツダRX-7(2002年車)が
150万くらいで売れたら良いと思ったら
311万円まで上がって
ビックリしたなんていう
利用者もいました。

買取りオークションは
買取業者が
あなたの愛車をオークションで
競り合う形になりますので
どんどん金額が上がっていくんです

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ユーカーパックが人気の理由

「ユーカーパック」
新しい買取りサービスで
本当に最高レベルの
買取りオークションと言えます。

ユーカーパック
最大5000社の買取業者
オークションで競り合うサービスです。

あなたは買取りオークション
に車を登録するだけ!

後は買取業者が競り合って
くれるので、結果を待つだけ。

その「ユーカーパック」
人気の理由は

60秒程度でできる
簡単な入力であなたの
愛車の最大の下取り価格が
わかる
こと。

電話やメールが無い
という事。

一番の理由は
どこよりも高い買取り金額を
実現できるという事なんです。

しかも、査定方法は
とっても簡単!

スマホやパソコンがあれば
簡単かつすぐに
査定金額がわかるんです。

この手軽さも人気の秘訣

実際に利用した人が
「ディーラーで30万円だった下取りが
このサイト経由で査定したら50万アップの
80万円になった」

という口コミもあり、
かなりネット上で話題となりました。

「ユーカーパック」は
新しい買取りサービスで
本当に最高レベルの
買取りオークションと言えます。

登録されている買取業者も
「ガリバー」を始め、誰もが知っている
業者や今まさにその車を
欲しがっている業者などが
多数登録しているんです。
そんな業者などが
競い合うんですから
必然的に高値になりますよね。

このサイトを活用し
愛車の下取り価格を上げることで、
実質、値引き額が大きくなったのと
同じことですから、
もう、ディーラーの値引きに
悩むことはないはず。

実際、
ディーラーの値引き価格というのは
実質相場が決まっているんです。

ですから
いくら頑張っても
たいして増えないのが現状なんです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ディーラーの値引き価格の相場を越える値引きをさせるには?

先ほど、ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっているという
お話をしましたが、
例外があります。

それは、下取りがある場合なんです。

商談時、ディーラーの営業マンは
下取り価格を安くし、
値引き価格を大きく見せるテクニック
を使います。

そうすることで、
損失分を相殺するというやり方を
使います。

ここで大事なのが

あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝えることです。

そのうえで、
値引き価格を増やしてもらえば
良いのです。

そして、購入を決める時に、

「やっぱり下取りに出すのは辞めます」

と、こう伝えるだけでいいんです。

営業マンとしては
一度提示した値引き金額を
なかったことにはできませんからね。

この方法の成功事例は
数多く上がっています。

私も営業マン時代、
この方法をとられたことがあり、
上司に怒られるほどの値引を
したことがあります。

この方法が新車を最安値で購入する
必殺の裏ワザなのです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩