レクサスRXの試乗評価まとめ 試乗時確認するべき○○のこと

下取り出す前に無料一括査定サイトを!

無料一括査定の安心車.jp
ディーラーで100万円の下取りが、
買取業者では150万円になることも 多々あります。

一括査定サイトを使うと、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

レクサスRXを購入する上であらゆるスペックを数字だけで比較してもイマイチわかりにくもの。

一番低価格なレクサスRX300でも497万円、ハイブリッド車のレクサスRX450hとレクサスRX450hLになると600万円〜800万円程度の高額になってきます。
冒険して試乗せずに購入するのではなく、あらゆる場面を想定して試乗評価してから購入をするのをオススメします。

今回はメーカーが推すポイントだけでなく、実際に試乗した方々の声である「試乗評価」についてまとめてみました。

スポンサードリンク

レクサスRXの試乗レポート!実際に乗った人の感想は?

https://lexus.jp

レクサスRX300、レクサスRX450h、レクサスRX450hLの3つの試乗レポートで多かった感想をまとめていきます。

まずはレクサスRXのエクステリアについての試乗レポートのまとめです。
3代目レクサスRXから全長が120mm、全高も120mmプラスになった4代目レクサスRX。
レクサスNXの誕生により、レクサスRXの特徴であるラグジュアリー感を追求できるようになりました。
それによりエクステリアのデザインが流れるような曲線になりました。
「ボンネットが長くなり、今までのレクサスRXよりもスポーツカーテイストなフロントが良い!」という試乗レポートが目立ちました。

https://lexus.jp

次にレクサスRXのインテリアについての試乗レポートのまとめです。
3つのバージョンがあるレクサスRXですが「version L」のシートやインパネの本革を評価する試乗レポートが多くありました。
レクサスRX「Virsion L」は内装に本革を採用することで運転席に座った瞬間に感じられる高級感は運転のモチベーションを上げてくれます。

https://lexus.jp

本革シートはコンフォート仕上げで体にぴったりフィットし、長時間同じ姿勢でいても姿勢が悪くなることはありません。

運転席でも後部座席でもレクサスRXはかなり広々しています。
頭から天井までの距離や、腕からドアまでの距離、足元も広々していて全体的に余裕がある作りです。

https://lexus.jp

また、ホイールベースが長いことでカーナビやエアコンなどの操作パネルにも圧迫感がなく、よりゆとりのある作りになっています。
荷室空間にもゆとりがあり、ゴルフバッグを横に4つ入れることができます。
全体的に「高級感」や「広さ・余裕」についての試乗レポートが目立ちました。

スポンサードリンク

レクサスRX450hLとRX450hとRX300の試乗評価

https://lexus.jp

レクサスRX450hL、レクサスRX450h、レクサスRX300の3つのグレード別に試乗評価を見ていきましょう。

まずはレクサスRX450hLの試乗評価です。
エンジンがハイブリッドであるレクサスRX450hLにはモーターを搭載しており、そのモーターがスタートの滑り出しをよくしています。
渋滞で時速40〜50kmくらいまではモーターのみで走行することも可能です。

https://lexus.jp

そして、アクセルを踏み込むと滑るように加速するという部分を試乗評価であげている方が多くいらっしゃいました。
燃費が良いだけでなく、モーターとエンジンの良さを兼ね備えているからこその加速性能が試乗評価のポイントのようです。
とくにレクサスRX450hLはAWDのみなので、フロントとリアに合計2つのモーターが付いており、最大出力・最大トルクが抜群に高く、多くの試乗評価で良い評価を得ていました。

https://lexus.jp

レクサスRX450hはレクサスRX450hL同様にハイブリッド車です。
レクサスRX450hL同様の加速性能が評価されており、2WDとAWDの2つの駆動を選ぶことができます。
レクサスRX450hはレクサスRX450hLよりも重量が約200kg軽いので、2WDでも十分な加速性能を味わうことができるという試乗評価が多く挙がっていました。

最後はレクサスRX300についてです。

https://lexus.jp

ハイブリッドではないレクサスRX300は「直列4気筒2.0Lエンジン+インタークーラー付ターボ」というエンジンです。
このエンジンが加速が普通だという試乗評価が多く挙がっていました。
「エンジン自体はそこまで悪くないものの、レクサスRX300の重量が重いせいでそれが運転時のもっさり感になっているのでは?」
という試乗評価を大変多くの方が指摘していました。

➡レクサスRXの最新口コミと評価!マイチェン後の評判は?

スポンサードリンク

レクサスRXの試乗するときのポイント!

https://lexus.jp

レクサスRXの試乗評価についてまとめてきましたが、いざ自分が試乗する際にはどこに気をつけて見るのが良いか。
最後にレクサスRXの試乗のポイントについてまとめてみました。

まず1つ目の試乗のポイントですが、インテリアの広さについてです。

https://lexus.jp

レクサスRX300とレクサスRX450hは5人乗り、レクサスRX450hLは7人乗りです。
レクサスRX450hLは3列シートになっており、それを調節することで7人乗りを実現しています。

https://lexus.jp

当然のことながら3列目を使おうとすると、レクサスRXの良さである後部座席の余裕が無くなります。
これについては絶対確認しておきたい試乗のポイントになると思います。
あらゆるシーンを想定してインテイリアの広さを評価しましょう。

2つ目の試乗のポイントは、レクサスRX300(ガソリン車)とレクサス450h・レクサスRX450hL(ハイブリッド車)の加速性能の違いについてです。

https://lexus.jp

1つ目の試乗のポイントで挙げたインテリアの広さについてはそこまでガソリン車とハイブリッド車に違いはありませんでした。
しかし加速性能については前述した通り、大きな違いがあります。
レクサスRX300はある程度スピードが出てきてからはエンジンの良さが分かりますが、どうしても滑り出しにもっさり感があります。
都心でブレーキや一時停止をすることが多いドライバーにとっては毎回ストレスになるでしょう。

➡レクサスRXグレード別スペック!加速性能とその乗り心地は?

https://lexus.jp

それとは逆にハイブリッド車であるレクサス450h・レクサスRX450hLの加速性能は優秀で、滑り出しも滑らかですぐに走りに軽快さが感じられます。
ブレーキや一時停止をすることが多いのであれば、間違いなくレクサス450h・レクサスRX450hLの方がストレスフリーに運転ができます。

とはいえレクサスRX300は値段がレクサス450h・レクサスRX450hLと比べると安いので自身の使い方次第でグレードを決めていくのが良いでしょう。

➡元ディーラーマンが教える!レクサスをお得に購入する方法をご紹介

レクサスが値引き金額から更に50万円安くなる方法

「この車、欲しいけど予算オーバーで手がだせない…」
「値引きで安く買いたい…」
「いくつもディーラーを回るのは面倒だなぁ…」
「新車をお得にどこよりも最安値で手に入れたい…」
「査定した後のディーラーの売り込みがイヤ…」

などなど、
レクサスの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
「聞かれてもわからない」と
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは100万円の下取りが、
買取業者では150万円になることも 多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサードリンク