レクサスRXグレード別スペック!加速性能とその乗り心地は?

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額

下取り車をどこよりも高く売る方法というのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。

クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。

あなたの愛車が高値で売れる
新しい買取りサービスになります。

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

⇩無料診断してみる⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


高級セダンの乗り心地と快適性を兼ね備えたSUV」として開発されたレクサスRX。
4世代を経て「加速性能」「乗り心地」という面から見てもそのスペックは飛躍的な進化を遂げてきました。

今回は現在の最新モデルであるレクサスRXの加速時に気になる「加速性能」と車内の「乗り心地」のスペックについてまとめてみました。
「レクサスRX300」「レクサスRX450h」「レクサスRX450hL」の3つのグレード別にスペックを比べていきます。

スポンサードリンク

レクサスRXのグレード別スペック 

https://lexus.jp

5人乗りであるレクサスRX300とレクサスRX450hはサイズスペックはまったく同じで、インテリアもエクステリアについてもスペックの違いは少ないです。
7人乗りであるレクサスRX450hLもサイズスペックはレクサスRX300とレクサスRX450hよりは大きいものの、インテリアやエクステリアのスペックの方向性には変化がありません。

RX450hL https://lexus.jp

それでは次にインテリアやエクステリアのスペックとサイズのスペック以外について「レクサスRX300」「レクサスRX450h」「レクサスRX450hL」を比べていきましょう。

見た目以外でのスペックに違いはあるのでしょうか?

https://lexus.jp

加速性能や乗り心地を比べる上で重要なエンジンスペックについて、「レクサスRX300」「レクサスRX450h」「レクサスRX450hL」を比較していきます。

レクサスRX300のエンジンスペックは「直列4気筒2.0Lエンジン+インタークーラー付ターボ」という、いわゆるターボエンジンを搭載しています。
レクサスRX450hやレクサスRX450hLのエンジンスペックは「V型6気筒3.5Lエンジン+ハイブリッドシステム」という、いわゆるハイブリッドエンジンを搭載しています。
このことだけでもレクサスRX300とレクサスRX450h・レクサスRX450hLのエンジンスペックには大きな違いがあります。

レクサスRX300(ガソリン車)とレクサスRX450h・レクサスRX450hL(ハイブリッド車)のエンジンスペックの違いは大きいですよね。

https://lexus.jp

レクサスRX450hが5人乗りでレクサスRX450hLが7人乗り、それでいてまったく同じ「V型6気筒3.5Lエンジン+ハイブリッドシステム」を採用しているあたりを見ても乗り心地が変わってきそうな気がします。

スポンサードリンク

レクサスRXの乗り心地は?RX450hLの三列目はどうなのか?

https://lexus.jp

レクサスRXの乗り心地について、試乗された方々からの情報をまとめていきます。

はじめにレクサスRXの運転席は高い位置に座席があります。
大人の男性であればそこまで苦労はしませんが、小柄な方や女性は乗るのが少し大変かもしれません。
助手席や後部座席も同様に高い位置に座席があるので、子供が乗り降りする際も気をつけてみてあげる必要があるかもしれません。

レクサスRXの運転席の乗り心地はとてもよく、頭から天井までの距離、身体からドアまでの距離、足元にも余裕があり、開放的な乗り心地です。

https://lexus.jp

運転席が広々しているので圧迫感がなく、特別な空間になっていてとても乗り心地が良いです。
座席が高いので運転中も道路がよく見えるので、運転中もストレスなく快適な乗り心地です。
レクサスRXノシートは身体にぴったりフィットしてくれる作りなので、姿勢が悪くなりづらく長時間の運転でも疲れにくいです。
長時間運転する人にとっても乗り心地が良い作りになっています。

https://lexus.jp

レクサスRXの後部座席も大変乗り心地がよい作りになっています。
身長180cmの男性が乗っても膝と運転席の間に10cm以上の空間があり、足元が広々しています。
頭から天井までの距離も運転席同様に離れているので圧迫感がなく、良い乗り心地です。
ただし注意点があります。

https://lexus.jp

レクサスRX450hLは7人乗りで三列目があります。
この三列目に座ろうとする場合、二列目を前に出さないといけません。
そうすると膝と運転席の空間はなくなり、二列目も三列目も窮屈になります。
レクサスRX450hLの三列目はあくまで緊急用と考え、常に7人乗るという使い方では広々としたレクサスRX450hLの乗り心地の良さを半減させてしまいます。

スポンサードリンク

レクサスRXの加速性能!レクサスSUVの中で加速は一番!?

https://lexus.jp

加速性能を比べる上で大切なのは最高出力(kW/rpm)と最大トルク(N・m/rpm)であり、この数値で加速が変わってくると言えます。

それではまずレクサスRX300のエンジン「直列4気筒2.0Lエンジン+インタークーラー付ターボ」の加速性能を見ていきましょう。
レクサスRX300の最高出力は175kW/4,800-5,600rpm、最大トルクは350N・m/1,650-4,000rpmです。
低回転域からパワーが出やすい作りになっており、大型SUVであるレクサスRX向きな加速性能になっています。
しかしレクサスRX300の車両重量は1,890〜2,140kgもあります。

https://lexus.jp

これは同じエンジンのレクサスNX300やトヨタ・ハリアーよりも100〜200kgも重い数値です。
つまりレクサスRX300のエンジン性能は優れているものの、重量があるため加速性能では同ブランドのレクサスNX300やトヨタ・ハリアーには劣る結果になりました。

続いてレクサスRX450h・レクサスRX450hLのエンジン「V型6気筒3.5Lエンジン+ハイブリッドシステム」の加速性能を見ていきましょう。

https://lexus.jp

レクサスRX450h・レクサスRX450hLの最高出力は193kW/6,000rpm、最大トルクは335N・m/4,600rpmです。
最大出力においては、レクサスNX300やトヨタ・ハリアーよりも高い加速性能になっています。
逆に最大トルクはレクサスNX300やトヨタ・ハリアーよりも若干劣っています。

しかしレクサスRX450h・レクサスRX450hLにはエンジンスペックをサポートするモーターが付いています。
このモーターの性能を考えると230kWとなり大型のレクサスRX450h・レクサスRX450hLに十分な加速性能となります。

レクサスが値引から更に50万円安くなる!その方法!!

「新車が欲しいでも予算が…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「ディーラーをいくつも回るのは面倒…」
「グレードは下げたくない…」
「査定後のディーラーの売り込みがイヤ」
などなど、
新車の購入を検討してみると
悩みが尽きない…
という方、
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したけど
「聞かれてもわからない」
「ディーラーに行けばいいんじゃない」
と一蹴される始末。
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。
そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


下取り車を高く売るには?


下取り車である
あなたの愛車を高く売るには
一社だけでなく数社に査定をしてもらう事が
必要になります。
数社というと何社くらいが良いのか
というと、最低でも3~5社!
3~5社回ることで、
相場が見えてくるので
交渉もしやすくなり、
一番高値で提示してくれた
業者に決めることができます。
ですが!!
3~5社回るとなると、
結構な重労働になりますよね。
しかも、査定時間に30分くらいかかります。
そして、
当然その後は営業マンからの
営業が始まります。
スタートは買取り限度額より、
50万くらい安く始まります。
またそのやりとりには、
時間もかかり、押しに弱い人は
断ることもできず、しぶしぶ
売却することにもなりかねません。
ではどうしたら!?

 

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額
下取り車をどこよりも高く売る方法
そのワザというのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。
先ほども
お伝えしましたが、
愛車を高く売るには
買取り業者を数社まわる必要があると
おつたえしました。

これができるのが、
クルマ買取りオークションなんです。
クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。
あなたの愛車の情報が
ネットオークションに掲載され、
最大5000社から買取りオファーが
受けられる新しい買取りサービスになります。

一括査定サイトはもう古い!?

一括査定サイトが少し前に
流行りましたが、利用者の評判が
良くなかったということがあり
今では利用者が減っています。
一括査定サイトは申し込んだ瞬間に
自分の情報が複数の買取り店に渡ってしまう事。
更に、たくさんの業者からメールや電話が
ひっきりなしに来るので、
利用者にとってはかなりの負担となって
いました。

口コミや評判では
「結構、面倒だった」
「電話がしつこかった」
「断るのが面倒…」
などなど
こういった一括査定サイトの
デメリットを解決し、
更に
手軽に簡単にわかりやすく
高値で愛車を売ることができる
サービス
クルマ買取りオークションの
ユーカーパック
なんです。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

買取りオークション「ユーカーパック」メリット!

かんたん」「安心」「高く売れる」が
特徴の「ユーカーパック」

メリットは?
・完全無料
・査定は一回きり
・あなたに代わりオークションに掲載
・最大5000社が入札しあう
・査定から売却を代行
・個人情報が公開されない
・営業電話が無い

などなど上げたらきりがないくらいです。

買取店が参加するオークションなので、
買取店同士が競り合ってくれるので、
高い買取価格に繋がります

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

更に
マツダRX-7(2002年車)が
150万くらいで売れたら良いと思ったら
311万円まで上がって
ビックリしたなんていう
利用者もいました。

買取りオークションは
買取業者が
あなたの愛車をオークションで
競り合う形になりますので
どんどん金額が上がっていくんです

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ユーカーパックが人気の理由

「ユーカーパック」
女優のローラさんが
イメージキャラクターとして、
宣伝されている買取オークションサイト
なんです。

ユーカーパック
最大5000社の買取業者
オークションで競り合うサービスです。

あなたは買取りオークション
に車を登録するだけ!

後は買取業者が競り合って
くれるので、結果を待つだけ。

その「ユーカーパック」
人気の理由は

60秒程度でできる
簡単な入力であなたの
愛車の最大の下取り価格が
わかる
こと。

電話やメールが無い
という事。

一番の理由は
どこよりも高い買取り金額を
実現できるという事なんです。

しかも、査定方法は
とっても簡単!

スマホやパソコンがあれば
簡単かつすぐに
査定金額がわかるんです。

この手軽さも人気の秘訣

実際に利用した人が
「ディーラーで30万円だった下取りが
このサイト経由で査定したら50万アップの
80万円になった」

という口コミもあり、
かなりネット上で話題となりました。

「ユーカーパック」は
新しい買取りサービスで
本当に最高レベルの
買取りオークションと言えます。

登録されている買取業者も
「ガリバー」を始め、誰もが知っている
業者さんばかりで安心ですし、
登録後、すぐに下取りの
見積もりをだしてくれたり、
下取り価格も非常に高いので
嬉しいですよね。

このサイトを活用し
愛車の下取り価格を上げることで、
実質、値引き額が大きくなったのと
同じことですから、
もう、ディーラーの値引きに
悩むことはないはず。

実際、
ディーラーの値引き価格というのは
実質相場が決まっているんです。

ですから
いくら頑張っても
たいして増えないのが現状なんです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ディーラーの値引き価格の相場を越える値引きをさせるには?

先ほど、ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっているという
お話をしましたが、
例外があります。

それは、下取りがある場合なんです。

商談時、ディーラーの営業マンは
下取り価格を安くし、
値引き価格を大きく見せるテクニック
を使います。

そうすることで、
損失分を相殺するというやり方を
使います。

ここで大事なのが

あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝えることです。

そのうえで、
値引き価格を増やしてもらえば
良いのです。

そして、購入を決める時に、

「やっぱり下取りに出すのは辞めます」

と、こう伝えるだけでいいんです。

営業マンとしては
一度提示した値引き金額を
なかったことにはできませんからね。

この方法の成功事例は
数多く上がっています。

私も営業マン時代、
この方法をとられたことがあり、
上司に怒られるほどの値引を
したことがあります。

この方法が新車を最安値で購入する
必殺の裏ワザなのです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩