レクサスRCについて

みなさんこんにちは!いつもレクサスどっとこむをご覧いただきありがとうございます。管理人のリンミーです。
さて、本日はレクサスRCについてご紹介したいと思います。

レクサスRCは2014年10月に日本市場にレクサスのクーペとしてRC350とRC300が登場しました。レクサスRCは日本市場のレクサスクーペでSCが製造中止になって以降、レクサスのクーペモデルとして4年ぶりにクーペを復活させた、レクサスらしいクーペとして非常に高い人気を誇っています。

レクサスどっとこむでは基本的にSUV中心の投稿が多いですが、レクサスを紹介するサイトとして、レクサスのセダン、クーペ、ハッチバックなども紹介しています。

それでは本日はレクサスのクーペの中のエントリーモデルレクサスRCをご紹介していきます。

レクサスRC

レクサスRCの基本スペック

新型レクサスRCの全長/全幅/全高/車重

全長    4,695㎜
全幅    1,840㎜
全高    1,395㎜
車重    1,680~1,760kg
室内長   1,875㎜
室内幅   1,520㎜
室内高   1,120㎜ 乗車定員   4名 排気量 1,998L(RC300) 2,493L(RC300h)・3,456L(RC350) タンク容量 66L

スポンサードリンク

レクサスRCの車種名について

車名は 「Radical Coupe」の略で急進的な、先鋭の、新しい、面白いの意味を持っています。
ちなみにレクサスのなかでも他にRの名前がつくのは「レクサスRX」ですが、レクサスRXのRは「Radiant」の略で、光を放つ、輝く、超えるクロスオーバーという意味です。

詳しくはこちらをご覧ください。

レクサスの車種名

スポンサードリンク

レクサスRCエクステリア

レクサスRCのエクステリアはとてもスタイリッシュな流線的なデザインです。クーペらしさを全面にだしつつ、スポーツカーらしさを出すという二面性を持ち合わせているので、スポーツクーペという言葉ふさわしいクルマだと思います。
単なるクーペモデルのクルマでもなく、派手さのでるスポーツタイプのクルマとなります。
レクサスの中では「LC」という存在があるので、「LC」に最高峰は任せて「走りたい!」という欲求を満たしてくれる1台となっています。そんな中で国産車のスポーツカーとも違い、輸入車のクーペとも少し違うところ人気の秘訣だと思います。

スポンサードリンク

レクサスRC F

レクサスRCには通常のモデルとは別に最高峰の「F」シリーズが用意されています。
レクサスシリーズの最高峰「F」シリーズですが「LFA」を頂点とするレクサスの中でもサーキット走行を前提とした、プレミアスポーツカーです。「F」とはトヨタ自動車の運営する富士スピードウェイの頭文字からとったものですが、過去には「IS F」「GS F」などベース車両をもとにハイパワーエンジンを積み込み、足回りの強化をはかった車両が販売されていました。

ちなみに「RC F」はパワートレインにはV型8気筒5.0Lのエンジンをを搭載。
最高出力は351kW(477PS)を出力し、最大トルク530N・m(54.0kgf・m)を発生します。
シリンダーヘッドやコンロッドなどを刷新することで、出力/トルクは40kW(54PS)/ 25N・m(2.5kgf・m)それぞれ向上。街中などでの低負荷走行時には、アトキンソンサイクルでの燃焼に切り替えることで、低燃費と高出力を両立している。トランスミッションは8-Speed SPDSを組み合わせています。

とにかく通常のRCと比較してスペックも価格が違うのが「RC F」です。

RCの価格帯について

RC300 630万円〜

RC350h 692万円〜

RC350 748万円〜

RC F  952万円〜

さて、こちらがRCの価格です。
エントリーモデルのRC300とハイブリッドモデルのRC350hを比較するとその差は40万円ほどです。
燃費やリセールを考えるのであれば、RC350hがおすすめです。燃費やリセールは考えず、とにかくレクサスのクーペスポーツの走りを楽しみたいという方にはRC300がおすすめです。
またRC350はRC300に比較してもよりパフォーマンスの良いクルマで、より走りを楽しみたい人向けの車になます。しかし予算的にRC300より値段が100万円近く上がるため、予算的に難しければRC300を選んだほうがよさそうです。

本当に予算もあり、走りを楽しみたい方はレクサスシリーズで唯一残ったRC Fがおすすめです。
車選びはたっぷり悩んで、ご自身に最適な車選びをすることが大事だと思います。こちらのレクサスドットコムが車選びの参考になれば幸いです。

以上管理人のリンミーでした。