レクサスNXの燃費!実燃費と燃費向上方法

レクサスNXの燃費はいかに!
発売から4年が経ち、人気もすこし落ち着いてきた、レクサスNXですが、昨年末に新型レクサスUXの発売が開始され、比較対象として再びレクサスNXにも注目が集まってきました。
そこで、レクサスNXの燃費について詳しく調べてみました。
レクサスホームページによる公式燃費と、実燃費にはどれだけ差があるのか、そして、燃費向上方法はあるのかを見ていきます。
「NX300」はガソリン車で、「NX300h」はハイブリット車なので、この2車種にもどの程度の燃費差があるのかも見ていきたいと思います。購入をお考えの方のぜひ参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

レクサスNXの燃費はどのくらい?

https://lexus.jp

レクサスNXのグレードごとの燃費は公式数値JC08モードで「NX300」12.4km/L~13.0 km/L、「NX300h」が19.8km/L~21.0 km/Lとなっており、単純に数値だけの比較だと「NX300h」の方が1Lあたり約8km多く走れる計算になります。
ただ、JC08モードはローラーの上でタイヤを回しているだけの測定なので、実燃費はもう少し下がるはずです。
実際どの車種でもカタログ値の7割から8割が実燃費になることが多いことを考えると、「NX300」はそこまで優れた燃費の値を示すわけではなさそうですね。

https://lexus.jp

また、「NX300」はハイオクガソリン、「NX300h」はレギュラーガソリンです。
2019年現在でハイオクとレギュラーは1Lあたり10円近い差があります。
60Lのタンクを満タンにすると1回の給油で600円「NX300」の方が高くなります。また燃費の違いから給油回数も「NX300」の方が多くなるので、月あたりの走行距離にもよりますが、例えば「NX300」で月4回給油し、「NX300h」で月2回の給油だとすると、

https://lexus.jp

2019年2月(レギュラー:135円/l、ハイオク:145円/l)として
「NX300」1カ月あたり34,800円

https://lexus.jp

「NX300h」1カ月あたり16,200円

https://lexus.jp

となり、約2万円近い差がでます。
この差を保ったまま、例えば初めの車検までの3年間車を乗り続けたとすると、約70万円弱の差がでます。乗れば乗るほど、燃費の差は大きくなりますね。
総合的に考えると、エコカー減税のことも考慮にいれて、車体本体の差は燃費面で十分補えそうです。
やはり時代はエコカーなんですかね。

https://lexus.jp

今後10年間でどのメーカーからもガソリン車の販売は減少していく流れになるそうです。
そうなると、街中は電気自動車とハイブリット車であふれ、ガソリン車はもはや時代遅れになりそうです。
下取りなど買い替えのことを考えると、ハイブリット車の「NX300h」を選んだほうが賢明かもしれません。
私もガソリン車ですが、数年後に下取りがちゃんとつくのか心配な今日この頃です。

スポンサードリンク

レクサスNXの実燃費は?街乗りでの燃費確認(オーナーの声)

https://lexus.jp

では実燃費はどのくらいか、オーナーの声を参考に実燃費確認をしたいと思います。
まずハイブリット車である「NX300h」ですが、
「高速や下道で平均13km~15km/l」
「街乗りでメーター上13km/l」
「街乗りで15km、高速で18km/l」
など概ね15km/l以上は走るそうです。

https://lexus.jp

ただし、冬場は相対的にがくっと下がるそうですね。暖房使用やエンジンが温まるまでの時間がかかるので、カタログ値の7割程度にまで下がるとの意見もありました。
続いてガソリン車である「NX300」は

https://lexus.jp

「街中で踏み込んで7km、ゆっくり走って9km/l」
「都内の渋滞状況で7km~7.5km/l」
「エコモードで優しい走りで10km/lを超えました」
「燃費重視のエコモードで11km/l」
など走り方と道路状況でかなり差がでそうです。
概ね実燃費は7km/l~10km/lとの声が多かったですね。

https://lexus.jp

燃費確認の結果
「NX300h」はレギュラーガソリン、「NX300h」はハイオクガソリンであることを考えると、やはり燃費維持費には実質燃費でも結構な差がでる気がしますね。
「NX300h」はエコカー減税対象車で、「NX300」は対象外であることを考えると当然かと思いますが、意外と「NX300」の燃費はよくなさそうです。

https://lexus.jp

2000CCターボであることを考えても他メーカーの車種と比べて特別燃費が優れているわけではない気がします。
やはり車重が重いことが影響しているのでしょうか。
都内の街中を走るのか、高速中心なのかでも結構大きな差がでるかとは思いますが、どちらにしてもエコモードで無理のない運転をすればカタログ数値には近い数値を示せそうです。

スポンサードリンク

レクサスNXの燃費向上方法

https://lexus.jp

レクサスNXの燃費プレビューを見ると、燃費向上には運転手の心がけ一つで数値は変わってくるそうです。
踏み込んだ走りをすれば燃費は落ちるし、エコな走りを心がければカタログ値に近づけます。
また、使用状況によっても異なります。
もちろん高速メインで走っていれば燃費は上がります。
さらに、高速走行時にクルーズコントロールに任せても燃費は上がるようです。
燃費を向上させる方法はドライバーの運転技術にかけるしかなさそうですね。

https://lexus.jp

夏冬と春秋では実燃費は結構な差が出るそうなので、冷暖房の使用量でもかなり燃費に差はでそうです。
また、全シリーズでエコ/ノーマル/スポーツと3タイプの走りが選べるので、走りを犠牲にして、エコモードで走り続けることで燃費を抑えている方もいるそうです。エコモードでもそこまで加速力は落ちないそうですが、坂道ではエコモードだと全然加速してくれないというレビューもありました。

https://lexus.jp

燃費向上方法の一つとして、オプションでドライブモードセレクトスイッチを装着する方法があります。
ドライブモードセレクトスイッチを装着するとカスタムが選べるようになり、パワートレーン、シャシー、エアコンのモードを自分好みに設定できるようになるので、走りに合わせて調節するのも一つの手になりそうです。
走りか?燃費?ここは切っても切れない関係ですね。

https://lexus.jp

また給油時のガソリンを満タンにしないでつねに半分だけ入れるようにすれば、ガソリンの重量分だけ軽くなるので燃費は良いと聞いたことがありますが、実際にはそこまで差はでないそうです。
やはり一番燃費をよくするのは、急発進や急停車を極力なくし、心に余裕をもってゆったり走ること。これに尽きると思います。
「地球にやさしいは、お財布にも優しい。」これを意識しながら走るのが一番のエコでしょう。
今流行りのあおり運転などして、エゴにならないように気を付けたいものです。