レクサスNXグレード別スペックと加速性能!その乗り心地は?

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額

下取り車をどこよりも高く売る方法というのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。

クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。

あなたの愛車が高値で売れる
新しい買取りサービスになります。

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

⇩無料診断してみる⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


販売から2019年で5年目になる、レクサスの人気コンパクトSUVであるレクサスNXのスペックと走行性能、乗り心地について調べてみました。
トヨタ60系ハリアーの兄弟車ながら、レクサスらしい内外装の高級感がヒットし、今や日本を代表するDセグメント車であるレクサスNXの走りを、加速性能や乗り心地をグレード別に比較して、掘り下げてみましょう。
一般道や高速、坂道などシーンごとに走りを分析しましたので、これからNXの購入をお考えの方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク

レクサスNXのグレード別スペック 

https://lexus.jp

まずはレクサスNXのスペックから見ていきましょう。
レクサスNXは「NX300」と「NX300h」の2車種あり、それぞれに「version-L」、「I‐package」、「F‐sport」「ベースグレード」の4グレードがあります。
「NX300」と「NX300h」のスペックは

・「NX300」:直列4気筒2.0Lターボエンジン「8AR-FTS」型を搭載

https://lexus.jp

最大出力【NET】175kW(238PS)/4800~5600rpm
最大トルク【NET】350N・m(35.7kgf・m)/1650~4000rpm
トランスミッション 6 Super ECT (スーパーインテリジェント6速オートマチック)
・「NX300h」:直列4気筒2.5Lエンジン「2AR-FXE」+ハイブリッドトランスミッション

https://lexus.jp

最大出力【NET】112kW(152PS)/5700rpm
最大トルク【NET】206N・m(21.0kgf・m)/4400~4800rpm
フロントモーター
最高出力 105kw(143ps)
最大トルク 270N・m(27.5kgf・m)
リアモーター(AWD)

https://lexus.jp

最高出力 50kw(68ps)
最大トルク 139N・m(14.2kgf・m)
トランスミッション 電気式無段変速機

https://lexus.jp

スペック的には日常的に乗る車であれば十分な数値ですね。
ひと昔前の3.0L車くらいのトルクがあります。

https://lexus.jp

実際、「NX300」に試乗した方もターボ車のトルクフルな走りは低速域では感じられた方が多いようです。
一方で加速はスポーツモードでの走行は非常に軽やかで、ストレスを感じにくいようです。
それ以外のモードでは、少々もたつき感を感じる方もいました。
踏み込んでから加速するまでの「間」が気になるようです。

https://lexus.jp

また、エンジン音や振動についても静寂性で優れているという感じでもなさそうです。
ハイブリット車から乗り換えを検討して試乗した方は特に感じる部分かもしれません。
ただ、2017年にフルモデルチェンジされてからは、かなり改善されたようですが、特筆するほどではないですね。

https://lexus.jp

一方、「NX300h」に関しては、走り出しがスムーズで低速~中速での走りが滑るようだといい評価が多かったですが、やはり高速域では加速に不満がある方のレビューが多かったです。
加速している間は、モーターからエンジンへの切り替わりはまったく感じないほどです。
こちらもスポーツモードで走行すればパワーを感じられる軽快な走りができるようですが、通常モードではもたつきを感じるようです。

https://lexus.jp

レクサスだから、速い!を期待して運転するとがっかりするかもしれません。
ただ、サーキットを走るわけではないので、ゆとりをもってゆったり走るのであれば、優れた車であることは間違いなさそうです。
レビューを見ていて一番気になったのは「IS250」からの乗り換えの方はみなさん、走りはISの方が上と揃っておっしゃっていました。NXは走りを求める車種ではないのでこれはしょうがないです。

スポンサードリンク

レクサスNXの乗り心地は?

https://lexus.jp

それではレクサスNXの乗り心地はどうでしょうか。
グレードによって少しニュアンスは異なるようです。
一番違いを感じられるのは「F-sport」か、それ以外かでしょう。

https://lexus.jp

「F‐sport」に関しては足周りが固めのセッティングになっているので、名前の通り、よりスポーティな乗り心地を感じられます。
段差を越えるときの「カタン」という感覚はダイレクトに地面を感じられるつくりになっていますが、決してサスが効いていないわけではなく、よく言うと、道路と車の一体感が感じられるつくりになっていると言ってもいいかもしれません。
ステアリングも意外と素直で、このサイズの車にしては、モッタリ感は少ないです。
ただ、セダンに比べると遊びは少ないですけどね。
先にも述べていますが、「IS」から乗り換えを検討している方にとっては、いまいちな反応だということです。

https://lexus.jp

また、エンジン音がスピーカーから流れるようになっているので、音でも楽しむことができます。ただ、音で響くほどのスピードは実際出ないので、速度と音のギャップは感じますが。
その他のグレードに関してもふわふわするというわけではなく、しっかりサスが効き乗り心地はかなりスムーズなようです。
特に「NX300h」の低速域でのスムーズさは年配の方の評価はかなり高いです。
ただ、スピードはやっぱりあまりでません。

https://lexus.jp

後部座席に関しても2人までなら余裕を持って座れます。3人は厳しいでしょうね。
大人4人なら、2・3時間ならノンストップでドライブできます。車酔いしやすい方でも、足回りのセッティングのおかげで車酔いしにくい乗り心地を再現できています。
ぶんぶんスピードを出して飛ばす車ではないので、ゆっくり走ればゆれも少なく快適な時間を過ごせます。

スポンサードリンク

レクサスNXの加速性能!コンパクトSUVの加速

https://lexus.jp

レクサスNXの加速性能はどうか?
実際に運転している方のレビューをまとめてみました。
やはり、加速に関してはあまり期待してはいけいない車種かもしれません。
「NX300」「NX300h」ともにもっさりとした加速で、踏み込んでからスピードに乗るまでのタイムラグがあるそうです。
飛ばそうとすればするほどストレスは感じるかもしれません。

https://lexus.jp

坂道でもそのパワーの弱さはかなり感じるそうです。坂道の上りで、発車する際にかなり踏み込まないと登れないそうですよ。
斜面の傾きにもよりますが、平坦な道を走っているときのトルク感は坂では感じにくいそうです。
ただ、スポーツモードにすると一気にエンジン性能が上がり、加速もスムーズになるようです。燃費を犠牲にして加速重視で運転する場合にはスポーツモードは欠かせないですね。高速の合流などはスポーツモードの方が良いかもしれませんね。

https://lexus.jp

もともとコンセプトがコンパクトSUVということなので、ぶんぶん飛ばしたいなら他の車種にするべきです。
それは間違いありません。
「IS」「GS」などセダンの方が、車両重量が軽く、よっぽど加速は良いはずです。
レクサスNXを選ぶからには、その居住性とSUVならではのエクステリア、インテリアの広さを重視してほしいですね。
走りを求める車種ではないというのが正直な印象です。

レクサスが値引から更に50万円安くなる!その方法!!

「新車が欲しいでも予算が…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「ディーラーをいくつも回るのは面倒…」
「グレードは下げたくない…」
「査定後のディーラーの売り込みがイヤ」
などなど、
新車の購入を検討してみると
悩みが尽きない…
という方、
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したけど
「聞かれてもわからない」
「ディーラーに行けばいいんじゃない」
と一蹴される始末。
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。
そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


下取り車を高く売るには?


下取り車である
あなたの愛車を高く売るには
一社だけでなく数社に査定をしてもらう事が
必要になります。
数社というと何社くらいが良いのか
というと、最低でも3~5社!
3~5社回ることで、
相場が見えてくるので
交渉もしやすくなり、
一番高値で提示してくれた
業者に決めることができます。
ですが!!
3~5社回るとなると、
結構な重労働になりますよね。
しかも、査定時間に30分くらいかかります。
そして、
当然その後は営業マンからの
営業が始まります。
スタートは買取り限度額より、
50万くらい安く始まります。
またそのやりとりには、
時間もかかり、押しに弱い人は
断ることもできず、しぶしぶ
売却することにもなりかねません。
ではどうしたら!?

 

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額
下取り車をどこよりも高く売る方法
そのワザというのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。
先ほども
お伝えしましたが、
愛車を高く売るには
買取り業者を数社まわる必要があると
おつたえしました。

これができるのが、
クルマ買取りオークションなんです。
クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。
あなたの愛車の情報が
ネットオークションに掲載され、
最大5000社から買取りオファーが
受けられる新しい買取りサービスになります。

一括査定サイトはもう古い!?

一括査定サイトが少し前に
流行りましたが、利用者の評判が
良くなかったということがあり
今では利用者が減っています。
一括査定サイトは申し込んだ瞬間に
自分の情報が複数の買取り店に渡ってしまう事。
更に、たくさんの業者からメールや電話が
ひっきりなしに来るので、
利用者にとってはかなりの負担となって
いました。

口コミや評判では
「結構、面倒だった」
「電話がしつこかった」
「断るのが面倒…」
などなど
こういった一括査定サイトの
デメリットを解決し、
更に
手軽に簡単にわかりやすく
高値で愛車を売ることができる
サービス
クルマ買取りオークションの
ユーカーパック
なんです。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

買取りオークション「ユーカーパック」メリット!

かんたん」「安心」「高く売れる」が
特徴の「ユーカーパック」

メリットは?
・完全無料
・査定は一回きり
・あなたに代わりオークションに掲載
・最大5000社が入札しあう
・査定から売却を代行
・個人情報が公開されない
・営業電話が無い

などなど上げたらきりがないくらいです。

買取店が参加するオークションなので、
買取店同士が競り合ってくれるので、
高い買取価格に繋がります

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

更に
マツダRX-7(2002年車)が
150万くらいで売れたら良いと思ったら
311万円まで上がって
ビックリしたなんていう
利用者もいました。

買取りオークションは
買取業者が
あなたの愛車をオークションで
競り合う形になりますので
どんどん金額が上がっていくんです

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ユーカーパックが人気の理由

「ユーカーパック」
新しい買取りサービスで
本当に最高レベルの
買取りオークションと言えます。

ユーカーパック
最大5000社の買取業者
オークションで競り合うサービスです。

あなたは買取りオークション
に車を登録するだけ!

後は買取業者が競り合って
くれるので、結果を待つだけ。

その「ユーカーパック」
人気の理由は

60秒程度でできる
簡単な入力であなたの
愛車の最大の下取り価格が
わかる
こと。

電話やメールが無い
という事。

一番の理由は
どこよりも高い買取り金額を
実現できるという事なんです。

しかも、査定方法は
とっても簡単!

スマホやパソコンがあれば
簡単かつすぐに
査定金額がわかるんです。

この手軽さも人気の秘訣

実際に利用した人が
「ディーラーで30万円だった下取りが
このサイト経由で査定したら50万アップの
80万円になった」

という口コミもあり、
かなりネット上で話題となりました。

「ユーカーパック」は
新しい買取りサービスで
本当に最高レベルの
買取りオークションと言えます。

登録されている買取業者も
「ガリバー」を始め、誰もが知っている
業者や今まさにその車を
欲しがっている業者などが
多数登録しているんです。
そんな業者などが
競い合うんですから
必然的に高値になりますよね。

このサイトを活用し
愛車の下取り価格を上げることで、
実質、値引き額が大きくなったのと
同じことですから、
もう、ディーラーの値引きに
悩むことはないはず。

実際、
ディーラーの値引き価格というのは
実質相場が決まっているんです。

ですから
いくら頑張っても
たいして増えないのが現状なんです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ディーラーの値引き価格の相場を越える値引きをさせるには?

先ほど、ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっているという
お話をしましたが、
例外があります。

それは、下取りがある場合なんです。

商談時、ディーラーの営業マンは
下取り価格を安くし、
値引き価格を大きく見せるテクニック
を使います。

そうすることで、
損失分を相殺するというやり方を
使います。

ここで大事なのが

あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝えることです。

そのうえで、
値引き価格を増やしてもらえば
良いのです。

そして、購入を決める時に、

「やっぱり下取りに出すのは辞めます」

と、こう伝えるだけでいいんです。

営業マンとしては
一度提示した値引き金額を
なかったことにはできませんからね。

この方法の成功事例は
数多く上がっています。

私も営業マン時代、
この方法をとられたことがあり、
上司に怒られるほどの値引を
したことがあります。

この方法が新車を最安値で購入する
必殺の裏ワザなのです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩