レクサスNX vs トヨタ・ハリアー比較!価格大きさ燃費はどっちが勝る?

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額

下取り車をどこよりも高く売る方法というのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。

クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。

あなたの愛車が高値で売れる
新しい買取りサービスになります。

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

⇩無料診断してみる⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


レクサスNXとトヨタ・ハリアーは、SUV市場において大変人気のある車種ですが、それぞれどのような特徴を持っているのでしょうか。

今回は、レクサスNXvsトヨタ・ハリアーということで、価格・大きさ・燃費・買取相場を比較しました。

どっちが優れた性能を持っているのか、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

レクサスNX vsトヨタ・ハリアー人気グレード価格比較

引用:https://lexus.jp/models/nx/

まずは、レクサスNXとトヨタ・ハリアーの人気グレードの価格を比較します。

レクサスNX人気グレードの価格

引用:https://lexus.jp/models/nx/

レクサスNXは高級志向のブラントとして知られる、レクサスのSUVラインナップを支える車種だと言えます。

近年このようなミドルクラスのSUV車が人気を博していますが、迫力のあるボディとどっしりとした走り心地で、レクサス車の品質の高さをしっかりと知らしめている一台です。

レクサスNXは、全部で16のグレードがあります。

そして新車価格帯は、4,411,000円〜5,971,000円となっています。

レクサスNX は、ガソリン車とハイブリッド車のグレードがあり、ガソリン車の基本モデルが最も安く、ハイブリッド車の上級グレードが最も高い価格帯となっています。

市場での人気度をチェックすると、ハイブリッド車のシェアが大きい傾向にあります。

価格帯で比較してみると、ガソリン車とハイブリッド車の同グレードではそれぞれ70万円弱ほどの差があるのですが、排気量の差や燃費差などの違いを考慮しても、ハイブリッド車の性能に魅力を感じているユーザーが多いようです。

そして、各グレードにおいては、大衆的に人気なのがVersionLで、走行性能にこだわりたい方はF SPORTを選ぶ傾向にあるようです。

トヨタ・ハリアー人気グレードの価格

引用:https://toyota.jp/harrier/

続いて、トヨタ・ハリアーについてご紹介します。

ハリアーがデビューしたのは1997年で、開発のコンセプトは高級車の乗り心地と快適性を兼ね備えたクロスオーバーSUVというものでした。

このクロスオーバーSUVの人気は、ここ数年で急速に高まってきて、各メーカーの競争も激しくなった印象ではありますが、トヨタ・ハリアーはこの人気を作ったパイオニア的な車種だと言えます。

昔のSUV車と言えば、悪路に特化した機能性の高さが特徴でしたが、トヨタ・ハリアーはその概念を打ち破ったクルマでもあります。

そんなトヨタ・ハリアーは、特別仕様車も含めると14のグレードラインナップです。

価格帯は、2,949,480円〜4,634,280円となっています。

そして、トヨタ・ハリアーは、ハイブリッド車のPROGRESSというグレードの人気が高いです。

人気グレード同士の価格帯をそれぞれ比較すると、100万円ほどトヨタ・ハリアーが安い結果となりました。

車のコストパフォーマンスは、走行性能や燃費性能も含めて決まる要素がありますので、車体価格だけで一概にどちらがお得だとは言えません。

しかし、価格帯がそもそも違う結果となりましたので、似たようなコンセプトを持つクルマではありますが、それぞれのクルマを購入するユーザー層は、違うことが伺えます。

スポンサードリンク

レクサスNX vsトヨタ・ハリアー大きさの違い

引用:https://lexus.jp/models/nx/

続いては、レクサスNXとトヨタ・ハリアーの大きさについて、比較しました。

レクサスNXの大きさ

引用:https://lexus.jp/models/nx/

レクサス車のSUV車は、NX・RX・UXと3つのラインナップから選択できます。

ボディサイズを見ると、レクサスNXは中間のサイズ感となっています。

ミドルサイズといっても、遠目からでも認識できるボディデザインと迫力のあるフロントグリルは、サイズ以上の存在感があります。

レクサスNXはURBAN SPORT GEARというデザインコンセプトが打ち出されています。

アウトドアなイメージが強いSUVの中でも、より都会的かつスタイリッシュに磨き上げられたデザインは、とても洗練された雰囲気です。

街乗りでも取り回しが比較的楽なサイズ感ではありますが、そのデザインからは強い個性が放たれています。

そんなレクサスNXの大きさは、全長4,640mm×全幅1,845mm×全高1,645mmとなっています。

取り回しのしやすさには、幅が重要になってきますが、このサイズ感であれば、女性でも安心して運転できるのではないでしょうか。

そして、室内空間においても、ボディサイズを最大限に活かしたサイズ感となっています。

レクサスNXの内寸は、室内長2,080mm×室内幅1,520mm×室内高1,180mmとなっています。

このサイズ感に加え、レクサス車らしい奥深い内装デザインに仕上がっているので、乗り心地も非常に快適な印象です。

トヨタ・ハリアーの大きさ

引用:https://toyota.jp/harrier/

トヨタ・ハリアーは、モデルチェンジを経て、より低重心化され走行性能をブラッシュアップした印象です。

フロントマスクや大口径のホイールは迫力満点で、こちらもシックな高級感を感じさせるデザインです。

見る人に優雅さを感じさせるそのデザインは、フロント・リア・サイドの各細部まで抜かりなく作り込まれた印象です。

そんなトヨタ・ハリアーのボディサイズは、全長4,725mm×全幅1,835mm×全高1,690mmとなっています。

レクサスNXと比較すると、ほぼ変わらないサイズ感であることが分かります。

ボディサイズにおいては、どちらも街乗りでストレスを感じることがない、サイズ感だと言えるでしょう。

そしてトヨタ・ハリアーの内装は、ステッチの入れ方をはじめとした細かな部分がしっかり作り込まれていて、唯一無二の艶っぽい上質な室内空間に仕上がっています。

内寸を見ていくと、室内長1,965mm×室内幅1,480mm×室内高1,220mmという数字になっています。

レクサスNXとトヨタ・ハリアーのそれぞれのサイズ感を比較すると、平面的な大きさではレクサスNXが、高さではわずかにトヨタ・ハリアーの方が大きい結果となりました。

スポンサードリンク

レクサスNX vsトヨタ・ハリアー燃費比較

引用:https://lexus.jp/models/nx/

続いては燃費について比較し、どっちが優れているのか検証します。

まずレクサスNXのカタログ燃費ですが、ガソリン車で12.4km/L~13.0km/L、ハイブリッド車で19.8km/L~21.0km/Lとなっています。

レクサスNXは、SUVであることを忘れさせてくれるような、迫力ある走行性能が特徴ですが、燃費性能を見ても、実用的に仕上げてきた印象です。

ガソリン車とハイブリッド車では、グレードによっては10.0km/L近い差があるので、年間の走行距離が多いユーザーであれば、ハイブリッド車を選択した方がお得ではないかと考えます。

そしてトヨタ・ハリアーのカタログ燃費は、ガソリン車で12.8km/L~16.0km/L、ハイブリッド車で21.4km/Lとなっています。

この結果を単純に比較すると、ガソリン車・ハイブリッド車ともに、トヨタ・ハリアーの方が燃費性能は優れていることが分かります。

使用環境にもよりますが、よほど特殊な環境でない限りは、トヨタ・ハリアーの方がコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

しかし、これらのカタログ燃費はJC08モードで計測されていますが、ハイブリッド車に関しては実燃費との差が大きいとも言われています。

カタログ燃費だけで燃費性能を判断すると、実燃費との差に大きなギャップを感じることがありますので、それぞれの車種の実燃費を参考にし、さらに自分の走行環境に似たユーザーのレビューを探すことをオススメします。

レクサスNX vsトヨタ・ハリアー買取り相場

引用:https://lexus.jp/models/nx/

最後にレクサスNXとトヨタ・ハリアーの買取り相場について比較します。

中古車市場全体を見ても、昨今のコンパクトSUV人気も手伝い、このボディタイプの車種は全体的に人気が高いです。

そして、レクサスNXとトヨタ・ハリアーは、特に人気の高い車種でもあります。

買取り相場をご紹介する前に、それぞれ最新モデル同士の中古車相場を比較すると、

レクサスNXが2,800,000円〜7,180,000円、トヨタ・ハリアーが1,980,000円〜4,890,000円となっています。

どちらも登録から5年前後が経過しているモデルが最安値となっていますが、リセールバリューとしては、非常に高いことが伺えます。

特にレクサスNXは、新車で購入できないユーザーが中古車での購入を多く検討しているので、まだまだリセールバリューが下がることはなさそうです。

そして、それぞれ直近5年の全グレードについての買取り相場を見ていくと、レクサスNXが2,770,000円〜4,540,000円、トヨタ・ハリアーが1,500,000円〜3,520,000円という結果になりました。

買取り価格と残価率共に検証しても、中古車市場においてリセールバリューが高いのは、レクサスNXだと言えるでしょう。

レクサスNX vs トヨタ・ハリアー比較!まとめ

引用:https://lexus.jp/models/nx/

今回は、レクサスNXとトヨタ・ハリアーの、価格・大きさ・燃費・買取相場について比較しました。

サイズ以外は明確な違いが出ましたが、特徴が違うことは使用環境によっては良し悪しです。

自分の使用環境をしっかり把握した上で、最適な一台を検討しましょう。

レクサスが値引から更に50万円安くなる!その方法!!

「新車が欲しいでも予算が…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「ディーラーをいくつも回るのは面倒…」
「グレードは下げたくない…」
「査定後のディーラーの売り込みがイヤ」
などなど、
新車の購入を検討してみると
悩みが尽きない…
という方、
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したけど
「聞かれてもわからない」
「ディーラーに行けばいいんじゃない」
と一蹴される始末。
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。
そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


下取り車を高く売るには?


下取り車である
あなたの愛車を高く売るには
一社だけでなく数社に査定をしてもらう事が
必要になります。
数社というと何社くらいが良いのか
というと、最低でも3~5社!
3~5社回ることで、
相場が見えてくるので
交渉もしやすくなり、
一番高値で提示してくれた
業者に決めることができます。
ですが!!
3~5社回るとなると、
結構な重労働になりますよね。
しかも、査定時間に30分くらいかかります。
そして、
当然その後は営業マンからの
営業が始まります。
スタートは買取り限度額より、
50万くらい安く始まります。
またそのやりとりには、
時間もかかり、押しに弱い人は
断ることもできず、しぶしぶ
売却することにもなりかねません。
ではどうしたら!?

 

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額
下取り車をどこよりも高く売る方法
そのワザというのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。
先ほども
お伝えしましたが、
愛車を高く売るには
買取り業者を数社まわる必要があると
おつたえしました。

これができるのが、
クルマ買取りオークションなんです。
クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。
あなたの愛車の情報が
ネットオークションに掲載され、
最大5000社から買取りオファーが
受けられる新しい買取りサービスになります。

一括査定サイトはもう古い!?

一括査定サイトが少し前に
流行りましたが、利用者の評判が
良くなかったということがあり
今では利用者が減っています。
一括査定サイトは申し込んだ瞬間に
自分の情報が複数の買取り店に渡ってしまう事。
更に、たくさんの業者からメールや電話が
ひっきりなしに来るので、
利用者にとってはかなりの負担となって
いました。

口コミや評判では
「結構、面倒だった」
「電話がしつこかった」
「断るのが面倒…」
などなど
こういった一括査定サイトの
デメリットを解決し、
更に
手軽に簡単にわかりやすく
高値で愛車を売ることができる
サービス
クルマ買取りオークションの
ユーカーパック
なんです。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

買取りオークション「ユーカーパック」メリット!

かんたん」「安心」「高く売れる」が
特徴の「ユーカーパック」

メリットは?
・完全無料
・査定は一回きり
・あなたに代わりオークションに掲載
・最大5000社が入札しあう
・査定から売却を代行
・個人情報が公開されない
・営業電話が無い

などなど上げたらきりがないくらいです。

買取店が参加するオークションなので、
買取店同士が競り合ってくれるので、
高い買取価格に繋がります

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

更に
マツダRX-7(2002年車)が
150万くらいで売れたら良いと思ったら
311万円まで上がって
ビックリしたなんていう
利用者もいました。

買取りオークションは
買取業者が
あなたの愛車をオークションで
競り合う形になりますので
どんどん金額が上がっていくんです

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ユーカーパックが人気の理由

「ユーカーパック」
新しい買取りサービスで
本当に最高レベルの
買取りオークションと言えます。

ユーカーパック
最大5000社の買取業者
オークションで競り合うサービスです。

あなたは買取りオークション
に車を登録するだけ!

後は買取業者が競り合って
くれるので、結果を待つだけ。

その「ユーカーパック」
人気の理由は

60秒程度でできる
簡単な入力であなたの
愛車の最大の下取り価格が
わかる
こと。

電話やメールが無い
という事。

一番の理由は
どこよりも高い買取り金額を
実現できるという事なんです。

しかも、査定方法は
とっても簡単!

スマホやパソコンがあれば
簡単かつすぐに
査定金額がわかるんです。

この手軽さも人気の秘訣

実際に利用した人が
「ディーラーで30万円だった下取りが
このサイト経由で査定したら50万アップの
80万円になった」

という口コミもあり、
かなりネット上で話題となりました。

「ユーカーパック」は
新しい買取りサービスで
本当に最高レベルの
買取りオークションと言えます。

登録されている買取業者も
「ガリバー」を始め、誰もが知っている
業者や今まさにその車を
欲しがっている業者などが
多数登録しているんです。
そんな業者などが
競い合うんですから
必然的に高値になりますよね。

このサイトを活用し
愛車の下取り価格を上げることで、
実質、値引き額が大きくなったのと
同じことですから、
もう、ディーラーの値引きに
悩むことはないはず。

実際、
ディーラーの値引き価格というのは
実質相場が決まっているんです。

ですから
いくら頑張っても
たいして増えないのが現状なんです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ディーラーの値引き価格の相場を越える値引きをさせるには?

先ほど、ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっているという
お話をしましたが、
例外があります。

それは、下取りがある場合なんです。

商談時、ディーラーの営業マンは
下取り価格を安くし、
値引き価格を大きく見せるテクニック
を使います。

そうすることで、
損失分を相殺するというやり方を
使います。

ここで大事なのが

あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝えることです。

そのうえで、
値引き価格を増やしてもらえば
良いのです。

そして、購入を決める時に、

「やっぱり下取りに出すのは辞めます」

と、こう伝えるだけでいいんです。

営業マンとしては
一度提示した値引き金額を
なかったことにはできませんからね。

この方法の成功事例は
数多く上がっています。

私も営業マン時代、
この方法をとられたことがあり、
上司に怒られるほどの値引を
したことがあります。

この方法が新車を最安値で購入する
必殺の裏ワザなのです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩