新型レクサスUX 燃費検証!実質燃費は?燃費向上方法はあるのか?

下取り出す前に無料一括査定サイトを!

無料一括査定の安心車.jp
ディーラーで100万円の下取りが、
買取業者では150万円になることも 多々あります。

一括査定サイトを使うと、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

「Creative Urban Explorer」をコンセプトに誕生した都会派コンパクトクロスオーバーの新型レクサスUX!
都会派コンパクトクロスオーバーというだけに都心部で運転性能の評判は良いようです。
では、信号機の多い都心部ではレクサスUXの燃費はどうなのでしょうか?
レクサス公式燃費と実質燃費を実際に購入された方のレビューや評判をもとに、「UX200」と「UX250h」で果たしてどの程度の差があるのか、街乗りと高速時ではどうかなど実燃費の検証と燃費向上方法などをご紹介します。
購入するにあたって、燃費はもっとも気になる要素の一つ!個人の感想を含みますがご参考程度にどうぞ。

スポンサードリンク

新型レクサスUXカタログ上の燃費は?どのくらい?

https://lexus.jp

まずはカタログ上での燃費がどのくらいか見てみましょう。
まずJC08モードでのカタログ燃費は、新型レクサスUXは「UX200」が17.2km/L、「UX250h」でAWDが25.2km/L、2WDが27.0km/Lとかなりエコな走りができそうな数値です。

https://lexus.jp

WLTCモードで比較すると「UX200」が16.4km/L、「UX250h」でAWDが21.6km/L、2WDが22.8km/Lです。 さらに市街地モードで比較すると「UX200」が12.8km/L、「UX250h」でAWDが21.1km/L、2WDが22.0km/Lとなり、こちらが実際の燃費に一番近い値になっていると思います。

UX200
無鉛プレミアムガソリン
JC08モード 17.2km/L
WLTCモード 16.4km/L

UX250h
無鉛レギュラーガソリン
JC08モード AWD 25.2km/L
      2WD 27.0km/L
WLTCモード AWD 21.1km/L
       2WD 22.0km/L

https://lexus.jp

ハイブリット使用の「UX250h」に関しては市街地でもリッター20km以上の走りが期待できそうですが、「UX200」に関してはやはりガソリンオンリーなので街乗りではガクッと燃費は落ちそうです。
はたしてこの公式燃費と実質燃費にどれだけ開きがあるのか気になるところです。
だいたいはカタログ燃費通りにはいかないですからね。
それでもWLTCモードでの燃費表示が追加されたことで、ローラーの上にのせてタイヤを回すだけのJC08モードに比べてカタログ値にも少しだけ信用が高まったことは確かだと思います。
リッターで1km異なると、満タン走行で約60km近くの差がでますから、値は正確であるほど購入時には参考になりますからね。

スポンサードリンク

新型レクサスUX実質燃費は?街乗りでの燃費確認(オーナーの声)

https://lexus.jp

それでは新型レクサスUXの実際燃費をオーナーの声から探っていきます。
街乗りで乗っている方が多く、「UX200」でたいていの方が10km/L前後の数値を示すとレビューに書き込んでくれています。
高速運転時で12km/L~14km/Lの幅で実感されている方が多いようです。

https://lexus.jp

一方「UX250h」の方はやはり燃費では満足している方が多いようで、街乗りでガンガン踏んでも16km/Lを示したといった意見や、無理なくゆったり走って20km/Lだった方がいるようで、印象としては街乗りでも平均で18km/L弱は走ってくれそうな印象でした。
電気からガソリンに切り替わるタイミングもスムーズで、走っていてもどこで切り替わったかわからないそうです。

https://lexus.jp

燃費は随時メーターで燃費確認できますが、公式燃費と実質燃費にあまり差がないのは「UX250h」の方のようです。
「UX200」はガソリン車なので、走る場所や時間帯、走行距離によっても大きな差がでそうです。

ディーラーマン
UX200とUX250hでは当然燃費が良いのはハイブリッドのUX250hですが、良いのはそれだけではなく、燃料がレギュラーガソリンでいけるところですね。 燃費が良くて更にレギュラーガソリンを使用できるのはとてもありがたいですね。

https://lexus.jp

やはり燃費面ではハイブリット車の方が経済的であることは間違いなさそうですね。
一般的にガソリン車は、停車から走り出す瞬間に最も多くのガソリンを使用しますが、モーター駆動車はそこで燃費を食わない分、街乗りでは圧倒的に燃費はよくなりそうです。

https://lexus.jp

ただ、冬の時期は暖房を車内で使用するので「UX250h」でも15~18km/L前後になることもあり、燃費は結構悪くなるそうです。
そう考えると、燃費面で全面的にUXを押せるかというと、そこは疑問が残ります。
燃費重視であれば間違いなくプリウスの方が良いはずなので、レクサスオーナーになるには燃費面はある程度は余裕を持てるようでないと手がでないかもしれませんね。

https://lexus.jp

友人の話ですが、
リンカーンのナビゲーターのオーナーでしたが、3km/L程度しか走らなかったそうです。
彼曰く、「かっこよさを取るなら、燃費のことは考えちゃダメ」と言っていたのが印象的です。
その彼も月々7万円近くもかかる燃費に霹靂し、結局普段使いの2台目として軽を購入していました。
やはりレクサスのオーナーになるなら、ある程度の出費は覚悟して、思いっきりかっこよさを楽しむことが大事ですね。

スポンサードリンク

新型レクサスUX 燃費を向上させる方法!装備は?

https://lexus.jp

新型レクサスUXの燃費を向上させる方法と装備を調べてみました。

https://lexus.jp

まずは装備ですが、専用のエアロパーツはFスポーツであれば標準で装着されていますが、あまり燃費とは関係なさそうです。
燃費を向上させる方法はドライバーの運転技術にかけるしかなさそうですね。

https://lexus.jp

夏冬と春秋では実燃費は結構な差が出るそうなので、冷暖房の使用量でもかなり燃費に差はでそうです。
また、全シリーズでエコ/ノーマル/スポーツと3タイプの走りが選べるので、走りを犠牲にして、エコモードで走り続けることで燃費を抑えている方もいるそうです。
エコモードでもそこまで加速力は落ちないそうですが、坂道ではエコモードだと全然加速してくれないというレビューもありました。

https://lexus.jp

また 燃費を向上させる方法としてオプションでドライブモードセレクトスイッチを装着するとカスタムが選べるようになり、パワートレーン、シャシー、エアコンのモードを自分好みに設定できるようになるので、走りに合わせて調節するのも一つの手になりそうです。
走りか?燃費か?ここは切っても切れない関係ですね。

https://lexus.jp

また給油時のガソリンを満タンにしないでつねに半分だけ入れるようにすれば、ガソリンの重量分だけ軽くなるので燃費は良いと聞いたことがあります。
このやり方も 燃費を向上させる方法として実践している方もいる様です。

https://lexus.jp

やはり一番燃費をよくするのは、急発進や急停車を極力なくし、心に余裕をもってゆったり走ること。
これに尽きると思います。「地球にやさしいは、お財布にも優しい。」これを意識しながら走るのが一番のエコでしょう。
今流行りのあおり運転などして、エゴにならないように気を付けたいものです。

ディーラーマン
レクサスUX200ハイブリッド車って本当に運転の仕方次第で燃費が変わるんです。 これはガソリン車にも言えることですがUX250hのハイブリッド車だとより差が出ます
ディーラーマン
一番差が出るのは停止時から発進です。 アクセルを踏み込んでそのままアクセルを踏んだままで走行するとモーターに切り替わりにくくなるのでガソリンの消費が早くなります。 大事なのはアクセルから一度足を離して軽く踏みなおすことです。そうすることでエンジンからモーターに直ぐに切り替わるのでガソリン消費を抑えられます。

レクサスが値引き金額から更に50万円安くなる方法

「この車、欲しいけど予算オーバーで手がだせない…」
「値引きで安く買いたい…」
「いくつもディーラーを回るのは面倒だなぁ…」
「新車をお得にどこよりも最安値で手に入れたい…」
「査定した後のディーラーの売り込みがイヤ…」

などなど、
レクサスの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
「聞かれてもわからない」と
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは100万円の下取りが、
買取業者では150万円になることも 多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサードリンク