レクサスUX カスタム(改造)する!人気エアロパーツを画像でご紹介

下取り出す前に無料一括査定サイトを!

無料一括査定の安心車.jp
ディーラーで100万円の下取りが、
買取業者では150万円になることも 多々あります。

一括査定サイトを使うと、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

新型レクサスUXは販売から間もないために、まだ街中で見ることは多くありません。

純正の状態でも特別感を得ることはできますが、さらに自分の好みに近づける方法がカスタム(改造)です。

今回は、レクサスUXカスタム(改造)についてと、マフラーエアロパーツなど定番のカスタム(改造)パーツもご紹介します。

スポンサードリンク

 レクサスUX改造パーツ!マフラーで視覚とサウンドを楽しむ

引用:https://lexus.jp/models/ux/

まずはレクサスUXのマフラーをカスタム(改造)する際に注意しておきたいことをご紹介します。

レクサスUXのマフラーをカスタム(改造)するメリット

引用:https://www.pakutaso.com/

マフラーのカスタム(改造)を楽しむユーザーは、主に走行性能を向上させたり見た目のドレスアップを目的としています。

また、マフラーをカスタム(改造)することによって、エンジンサウンドの変化を楽しむこともできます。

https://lexus.jp

マフラーは、エンジンの性能を引き出す重要なパーツです。

エンジンから出る有毒物質を除去したり、排気音を抑えたり、エンジン性能を向上させる役割が、マフラーにはあります。

マフラーを交換するメリットは、エンジン以外の面でも見られます。

マフラーは色々な形状と特徴があるため、見た目をおしゃれにするドレスアップ効果や音を楽しみたい方にも、好まれているカスタム(改造)です。

さらに、適切なマフラーへ交換することによって、レクサスUXのエンジン性能が上がることも期待できます。

レクサスUXに適したマフラーを装着することによって、純正品より排気効率が上がり、より快適な走りを楽しむことができるのです。

レクサスUXのマフラーをカスタム(改造)する時の注意点

引用:https://lexus.jp/models/ux/

マフラーは車検の対象部品となります。

マフラーをカスタム(改造)する際には、必ず車検で定められた基準を満たしたマフラーを選びましょう。

車検時の基準となる、国土交通省が定めている道路運送車両法を見ると、マフラーの音量に関する記載があります。

https://lexus.jp

マフラーの音量は、96デシベル以下に設定することと定められています。

より良いサウンドを目的にカスタムするユーザーも、大音量のマフラーを設置することは違法ですので、96デシベル以下という範囲の中で、カスタム(改造)をしないといけません。

また、マフラーを取り付ける高さについても、しっかり規定があります。

クルマは最低地上高が9センチメートル以上であることが定められていますが、マフラーも車体の一部と判断されますので、しっかり地上高を確保できるサイズのマフラーを選択しましょう。

さらに、マフラーには触媒が必要です。

触媒には有毒なガスなどの発散を防止する機能があるので、しっかり環境性も考慮しましょう。

基本的には、社外品のマフラーでも車検に適応しているかどうかが、しっかり記載されています。

保安基準適合品、車検対応品等の記載があれば、問題ないと考えられます。

ただ、車検に対応可能なマフラーであっても、レクサスUXに適合しないマフラーでカスタム(改造)すると、エンジン性能を著しく低下させる可能性もあります。

マフラーは、走行性能や安全性に関わる重要なパーツですので、レクサスUXの高い走行性能を楽しむためには、適切なマフラーを選ぶことが必要です。

➡新型レクサスUX外寸外装!絶対付けたい外装パーツ!

スポンサードリンク

レクサスUX カスタム仕様!カスタム内装必須アイテム

引用:https://lexus.jp/models/ux/

レクサスUXの内装は、奥深い上質感を純正の状態でもすでに纏っていますが、カスタム(改造)することでさらに自分好みにすることができます。

ここではレクサスUXのカスタムに必須なアイテムをご紹介します。

レクサスUXの内装カスタム(改造)には小物類が必須

引用:https://lexus.jp/models/ux/

内装のカスタムといっても、取り付けが複雑であったり見た目のインパクトが大きいパーツだけを選ぶことが全てではありません。

内装のカスタムパーツには、単純に置いたり貼るだけで装着できるものもあります。

特に購入してすぐの頃は、なかなかカスタムの全体的なイメージは湧きづらいかと思います。

そんなユーザーは特に、まず簡単なカスタムから初めてみましょう。

例えば、フロアマットやダッシュボードマットはサイズも大きいので、デザインにアクセントを加えることができます。

置くだけではありますが、デザイン性が高ければ、足元やダッシュボードが非常に鮮やかになります。

他にも、ゴミ箱やティッシュボックスなどのパーツも、レクサスUXの内装に合わせてカスタムしてみると、いいアクセントとなりとてもおしゃれな雰囲気に変わります。

レクサスUXが本来持つ上質感を損なわないようなアイテムであれば、レクサスUXの内装に良い形でオリジナリティを加えることができます。

そして、取り付けの簡単なパーツは、もし気に入らなくなっても、すぐに取り替えられることができるメリットもあります。

全体的なカスタムのイメージを膨らませるためにも、取り付けや取り外しが簡単なパーツで、色々試して見るのもオススメです。

レクサスUXの内装を電装パーツでカスタム(改造)

  

引用:https://lexus.jp/models/ux/

ヴェルファイアの内装に電装パーツが追加されると、夜間においての快適性が上がるだけではなく、見た目も非常に華やかになります。

ただ電装パーツには、シガーソケットに差し込むものやソーラー充電式といった、簡単に発光させることができるパーツもありますが、アクセサリー電源から配線工事が必要なものなど、取り付け方法が複雑なものもあります。

レクサスUXの内装を一度外して内部の配線が必要な場合もあるので、カスタム(改造)初心者には少し難しい面もあるかもしれません。

アクセサリー電源などを使用する場合には、クルマの電装装備の知識が必要になります。

特に、ナビやオーディオ類のカスタム(改造)をする際には、無理に自分でやろうとすると配線がわからなくなったりすることもあります。

最悪の場合、クルマの持っている本来の機能に支障をきたす恐れがあるので、専門業者に依頼した方が確実だと言えます。

レクサスUXは純正オプション品にもたくさんの電装パーツがありますが、金額も取付の複雑さも大きく変わりますので、ディーラーと相談しながらカスタム(改造)を検討すると良いでしょう。

➡新型レクサスUX 内装検証!(内装色・内寸)これがレクサスUX内装画像

スポンサードリンク

レクサスUX人気エアロパーツはこれ!ホイールをインチアップするとこうなる

引用:https://lexus.jp/models/ux/

最後にレクサスUXの人気エアロパーツとホイールのインチアップについてご紹介します。

 レクサスUXはディーラーのエアロパーツパッケージが人気

引用:https://lexus.jp/models/ux/

エアロパーツとは、クルマの空気抵抗を考慮され取り付けられる外装部品を指します。

代表的なパーツでは、バンパーやスポイラーなどが挙げられます。

走行中には空気抵抗が生じますが、エアロパーツによって空気抵抗を減らすことで、ハンドルのブレや車体の揺れを減らし、運転を快適にする効果が期待できます。

また、エンジン内部の部品を冷却したり、車体の汚れを防止する役割もあります。

エアロパーツは一つ一つのパーツが大きいので、見た目を大きく変化できるメリットもあります。

レクサスUXには、ディーラーオプションでエアロパーツのパッケージプランがあります。

https://lexus.jp

純正品より機能性やデザイン性が高いので、エアロパーツの取り付けを検討する際には、ディーラーオプションをまず検討すると良いでしょう。

そして、社外品でもレクサスUXのエアロパーツは増えつつあります。

自分の目的にあったエアロパーツを選ぶことでより理想的な姿に近づきますが、エアロパーツもマフラー同様に車検の際に検査の対象となります。

しっかり検査基準を満たした安全なエアロパーツでカスタム(改造)を楽しみましょう。

ホイールのインチアップとは?

引用:https://lexus.jp/models/ux/

エアロパーツと同様に、レクサスUXの見た目を大きく変えることができるパーツとしてホイールが挙げられます。

ホイールも、いろいろなデザインやサイズがありますので、足元を引き締めたい時にはぜひカスタム(改造)を検討したいアイテムです。

そして、ホイール交換をするときには、インチアップを検討してみるのも良いかと思います。

インチアップとは文字どおり、ひとまわり大きいサイズのホイールをレクサスUXに装着することですが、純正品より足元にインパクトを与えることができます。

しっかりタイヤに適合し、操作性を確保できるサイズというのが前提となりますが、

インチアップをすることにより、より独自性の強いレクサスUXになることでしょう。

レクサスUX カスタム(改造)についてのまとめ

引用:https://lexus.jp/models/ux/

今回は、レクサスUXのカスタム(改造)についてと、マフラー・エアロパーツなど定番のカスタム(改造)パーツもご紹介しました。

カスタム(改造)は非常に楽しいものですが、安全性の確保が第一となります。

特に今回ご紹介したような、マフラー・エアロパーツ・ホイールは、走行時の安全確保に直結するパーツなので、デザイン性だけで選ぶことは避けましょう。

安全にカスタム(改造)を楽しむことで、よりレクサスUXの魅力が高まることでしょう。

レクサスが値引き金額から更に50万円安くなる方法

「この車、欲しいけど予算オーバーで手がだせない…」
「値引きで安く買いたい…」
「いくつもディーラーを回るのは面倒だなぁ…」
「新車をお得にどこよりも最安値で手に入れたい…」
「査定した後のディーラーの売り込みがイヤ…」

などなど、
レクサスの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
「聞かれてもわからない」と
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは100万円の下取りが、
買取業者では150万円になることも 多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサードリンク