レクサスRXのエコカー減税は?グレード別自動車税!

下取り出す前に無料一括査定サイトを!

無料一括査定の安心車.jp
ディーラーで100万円の下取りが、
買取業者では150万円になることも 多々あります。

一括査定サイトを使うと、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

レクサスRXは2015年にフルモデルチェンジされました
さらに2017年にはマイナーチェンジの7人乗り「レクサスRX450hL」が発売、2018年には特別仕様車ブラックシーケンスが発売になっていて人気の高い車種になっています。
レクサスRXのグレードにはハイブリッドモデルも2種類あり、エコカー減税など気になる方も多いのではないでしょうか?

今回はレクサスRXの気になる自動車税やエコカー減税など、購入に伴いかかってくる費用についてまとめました。

スポンサードリンク

レクサスRXの気になるエコカー減税

https://lexus.jp

エコカー減税とは環境対応車普及促進税とも呼ばれ、環境に優しい車を普及させるために自動車重量税と自動車取得税を大幅に優遇する制度のことです。

レクサスRXにはグレードが「レクサスRX300」「レクサスRX450h」「レクサスRX450hL」3つあります。
このうち「レクサスRX300」はターボエンジン車なのでエコカー減税の対象からは外れます。
なのでここではハイブリッド車である「レクサスRX450h」「レクサスRX450hL」の2つのグレード別にエコカー減税についてまとめています。

 

https://lexus.jp

レクサスRX450h」「レクサスRX450hL」ともに平成32年の燃費基準達成が+40%のエコカーなので、重量税と取得税が100%軽減されることになります。
つまり重量税は免税、取得税は非課税なのです。

レクサスRXの中でも7人乗りで車体も大きく、重量の重い「レクサスRX450hL」では重量税と取得税がエコカー減税により、約229,700円も減税になります。

https://lexus.jp

「レクサスRX450h」には4つのバージョンにそれぞれ2つの駆動(2WD・AWD)があり、8つの「レクサスRX450h」が存在します。
減税額の一番大きい「レクサスRX450h」のバージョンは「F SPORT」であり2WDが約216,800円、AWDが約223,300円のエコカー減税になります。
減税額が一番小さい「レクサスRX450h」のバージョンはベースグレードであり2WDが約188,600円、AWDが約195,100円のエコカー減税になります。

「レクサスRX450h」「レクサスRX450hL」ではエコカー減税で重量税と取得税が100%免税になるということがわかりました。

ディーラーマン
購入時の費用で重量税、自動車取得税が免税というのは本当に大きいですよね。その浮いた分でオプションに充てられるのが大きい
スポンサードリンク

レクサスRX450hL/RX450h/RX300の自動車税!

https://lexus.jp

自動車税とは購入翌年度に発生する税金でハイブリッド車の場合はグリーン化特例で減税対象になります。
購入の翌年度の支払いだとしても、この自動車税もできるだけ費用は抑えたいですよね。
今回はレクサスRXの自動車税とその優待であるグリーン化特例についてまとめてみました。

自動車税についても「レクサスRX300」はターボ車なので大幅な減税は見込めません。
なのでハイブリッド車である「レクサスRX450h」「レクサスRX450hL」の自動車税についてご紹介します。
エコカー減税や自動車税の減税を入れると最終的にはどのくらい費用がかかるのでしょうか?

自動車税についても「レクサスRX450h」「レクサスRX450hL」どちらもハイブリッド自動車ですので、グリーン化特例で75%の減税になります。

https://lexus.jp

自動車税は「レクサスRX450h」「レクサスRX450hL」ともに一律で約43,500円が減税になります。

先ほどまとめた重量税や取得税のエコカー減税での費用とこの自動車税の費用を合計すると「レクサスRX450h」は約273,200円の優遇です。

https://lexus.jp

「レクサスRX450h」のF SPORTの2WDで約260,300円、AWDで約266,800円の優遇です。
「レクサスRX450h」のベースグレードの2WDで約232,100円、AWDで約238,600円の優遇です。
レクサスRXのハイブリッド車は最低でも20万円を超える額の減税があります。

「レクサスRX300」と「レクサスRX450h」の車両本体価格には約110万円の価格差がありますが、エコカー減税やグリーン化特例で自動車税などの費用が抑えられるので、その辺りを考慮してグレードを決めていくのが賢い選択だと思います。

スポンサードリンク

レクサスRXの諸費用はいくら?RX450hL/RX450h/RX300の費用

https://lexus.jp

続いてはレクサスRXの最終的な諸費用について「レクサスRX300」「レクサスRX450h」「レクサスRX450hL」の3つのグレードをまとめていきます。

まずは「レクサスRX300」ですが、自動車税、取得税、重量税、保険料、販売諸費用、リサイクル料金などの費用を合計すると約385,400円になります。

https://lexus.jp

次に「レクサスRX450h」ですが、自動車税、取得税、重量税、保険料、販売諸費用、リサイクル料金などの費用を合計すると約182,050円になり、「レクサスRX450hL」も同様にの費用を合計は約182,050円になります。

「レクサスRX300」の方が車両本体代金は「レクサスRX450h」「レクサスRX450hL」に比べ約110万円程度安いので一見費用が掛からないような感じがします。

➡レクサスRXの維持費!最適ローン年数とスマートバリュープラン(残価設定)

https://lexus.jp

しかし「レクサスRX300」はハイブリッド車ではないので、諸費用が40万円近く掛かってしまいます。

「レクサスRX450h」「レクサスRX450hL」はハイブリッド車ですので、車両本体代金こそ高いですがエコカー減税で「レクサスRX300」よりも20万円程度費用が浮きます。

さらにターボエンジンでハイオクの「レクサスRX300」は燃費性能が11.2km/Lです。

https://lexus.jp

➡レクサスの賢い買い方

それに対して「レクサスRX450h」は18.2km/Lで「レクサスRX450hL」は17.8km/Lで、どちらもレギュラーガソリンです。
2019年3月現在で1リットル10円程度の差があります。

つまり購入時に支払う金額は「レクサスRX300」の方が安いけれど、減税も少なく、購入後の燃費やハイオクガソリンの値段が高いことから、長い目で見れば確実に「レクサスRX450h」「レクサスRX450hL」がお得になってくると言えるでしょう。

レクサスが値引き金額から更に50万円安くなる方法

「この車、欲しいけど予算オーバーで手がだせない…」
「値引きで安く買いたい…」
「いくつもディーラーを回るのは面倒だなぁ…」
「新車をお得にどこよりも最安値で手に入れたい…」
「査定した後のディーラーの売り込みがイヤ…」

などなど、
レクサスの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
「聞かれてもわからない」と
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは100万円の下取りが、
買取業者では150万円になることも 多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサードリンク