レクサスRXの新型(現行)と旧型の年式別価格比較

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額

下取り車をどこよりも高く売る方法というのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。

クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。

あなたの愛車が高値で売れる
新しい買取りサービスになります。

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

⇩無料診断してみる⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


1997年に「高級セダンの乗り心地と快適性を兼ね備えたSUV」として開発され、「高級クロスオーバーSUV」という新たなジャンルを開拓したミドルクラスSUVの先駆者モデルであるレクサスRXの年式別価格比較をしてみました。
旧式である初代と2代目モデルは日本国内では「トヨタ・ハリアー」の名称で発売され、「レクサスRX」としての日本市場への投入は2009年1月に発売された3代目からです。
2015年にフルモデルチェンジされ、現行の新型RXは4代目です。
年式別に新型・旧型で価格比較を見ていきましょう。

スポンサードリンク

レクサスRXの新型(現行)の中古価格

https://lexus.jp

まずは、新型レクサスRX(現行型)の中古車価格の相場を見ていきましょう。
レクサスRXには、直列気筒2.0Lターボを搭載する「RX300」とV型6気筒3.5Lハイブリットシステムを搭載する「RX450h」、そして2017年12月に発売された、リアドア以降のボディを延長し電動格納式のサードシートを追加した7人乗りの「RX450hL」の3車種に、2018年8月に発売された特別仕様車「Black Sequence」を加えた4車種があります。

直列気筒2.0Lターボを搭載する「RX300」

https://lexus.jp

V型6気筒3.5Lハイブリットシステムを搭載する「RX450h」

https://lexus.jp

サードシートを追加した7人乗りの「RX450hL」

https://lexus.jp

特別仕様車「Black Sequence」

https://lexus.jp

中古車価格は、もちろん走行距離やワンオーナーかどうかで価格は変わるので、平均的な数値を示すことにします。
まず、現行「RX300」の中古車市場相場価格は450万~600万円です。

https://lexus.jp

「F-sport」や「version‐L」は価格帯が相対的に高くなり、「標準仕様」は比較的安く500万円台で購入できます。
年式も2015年~2017年モデルは比較的安く購入でき、相場は500万~600万の間でした。
さすがに2018年の「F-sport」で走行距離が1万km未満の車は700万を超える価格帯になってきます。
走行距離別に見ても、3万kmを超える当たりから値は下がるようで、標準仕様の3年落ちで走行距離3.6万kmのRXは本体価格450万円弱で販売していました。

https://lexus.jp

次に「RX450h」の中古車市場相場価格は470万~700万円です。
ハイブリットモデルの方が若干値段は上がる印象ですが、思ったより値段に差がありませんでした。
詳しく調べてみると、「RX450h」の中古車の方が、年式が相対的に少し古く、2018年モデルなど1年落ち以内の車両があまりありませんでした。

https://cpo.lexus.jp

RX450h」を購入される方は比較的長く乗り続ける方が多く、使用頻度も多くなり、走行距離が増えることで、価格的に下がりやすくなっていることが予想されます。
「RX450hL」はまだ流石に、中古車市場に出回っていませんでした。
販売開始からまだ日が浅く、乗り換えする方が極端にすくないからでしょう。
もし中古車が存在するならば、新車価格とそう大差ないと思います。

➡レクサスNXの中古車を買う!今の中古相場と新古車を買う方法

https://cpo.lexus.jp

中古車を狙うなら、2年落ちの2016~2017年登録車で、走行距離が3万km以下の車両を探してみると良いかもしれません。
お手頃価格で状態の良い掘り出し物がゴロゴロ眠っています。

スポンサードリンク

レクサスRXの旧型を買うなら上級グレードが狙い目!?

https://cpo.lexus.jp

レクサスRXの旧型を買うなら、どのグレードを狙うべきでしょうか。
初代や、2代目は日本市場だと「トヨタ・ハリアー」になってしまうのでここでは2009年~2015年まで販売された3代目のレクサスRXについて述べることとします。
(レクサスRXの初代・2代目は逆輸入車で中古車市場に存在はしますが、左ハンドルですし、年式も大幅に下がってしまうので、ここでは別ジャンルのくくりとします。)

https://cpo.lexus.jp

3代目レクサスRXの、発売当初のラインナップはガソリンエンジンの「RX350」とハイブリッドモデルの「RX450h」で、両車ともにV型6気筒3.5 Lエンジンを搭載。2010年(平成22年)8月には、直列4気筒2.7 Lエンジンを搭載する「RX270」もラインナップに追加され3車種からなります。
グレードは標準仕様と「Version S」、「Version L」、「Version L・Air suspension」の4グレード構成となっています。
ただし、RX270については「Version L・Air suspension」の設定がなく、駆動方式もFFのみとなっていました。
RX450h・RX350については「Version L・Air suspension」を除き駆動方式にFFを選択でき、発売当時はRX450hの駆動方式はAWDのみでした。

https://cpo.lexus.jp

旧型中古車市場の価格帯としては、「RX270」が130万~330万、「RX350」が180万~330万、「RX450h」が170万~370万円でした。
どの車種にしても、ねらい目は2012年以降のモデルでしょう。
2012年4月にマイナーチェンジし、現行モデルの原型である「スピンドルグリル」が採用されたので、一見すると中古車に見えないというメリットがあります。

➡レクサスNXの新型(現行)と旧型の年式別価格比較

https://cpo.lexus.jp

グレードでいうと、燃費も考えれば上位グレードの「RX450h」がおすすめです。
価格も、高くて300万代なので状態の良いものが割と低価格で手に入ります。
2012年以降のモデルで走行距離3万km以下の「RX350」version‐Lと、走行距離5万km以下の「RX450h」version‐Sが大体同じ価格なので、コストパフォーマンスで考えれば、旧型上位グレードである「RX450h」を購入したほうが、結果的にお得であるといえます。

レクサスRXを安く買う前にやるべきこと

スポンサードリンク

レクサスRXの年式比較!選ぶならこの年式!

https://lexus.jp

ここまで比較してきたことをまとめます!
レクサスRXを中古で購入するならば、年式は「スピンドルグリル」が採用された、初期登録が2012年4月以降のもので、できれば「RX450h」の購入をおすすめします。
ピンポイントで狙うのであれば、2012年4月~12月に初期登録されたレクサスRXが一押しです。
中古車市場の相場価格で170万~300万円前後で購入でき、なおかつ調べてみると走行距離が5万km以下のものがざらにありました。

https://cpo.lexus.jp

フルモデルチェンジされた現行2015年以降のモデルはやはり高いので、500万近い金額を払うのであれば新車を購入した方がよいでしょう。
年式比較するなら2012年~2014年の中古車をぜひ調べて頂きたいです。
掘り出し物がかなりたくさん出てきて楽しくなります。
しかも、パッと見は現行の4代目モデルと大差なく、素人は中古車だと気が付かないでしょう。
ただ、注意するべき点としては、中古車販売業者の走行距離表示が本物かどうか、よく調べる必要があるということです。

https://cpo.lexus.jp

悪質な業者だとメーター戻し(デジタルでも可能)は平気で行いますし、ひどい場合は2012年以前の旧式車にスピングリルだけ後付けしたようなひどいものもあります。
できればレクサス正規ディーラーの中古車専門CPOから購入することをおすすめします。
安心安全なのはもちろん、正規のレクサスオーナーになれますからね!
もちろんオーナーズディスクも利用できます。

https://lexus.jp

CPOで購入する場合、相場よりやはり価格は上がりますが、変な車をつかまされる可能性は一切なくなりますので、せっかくお金を払うのであれば、正規オーナーになった方が自慢できますよね!
リセールはあまり期待できませんが、300万円まで出せるのであれば、上物の中古車は確実に手に入ります。
調べていくうちに、私もRX欲しくなってきました。
2台目としてかっちゃおうかな・・・もちろん中古で!

レクサスが値引から更に50万円安くなる!その方法!!

「新車が欲しいでも予算が…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「ディーラーをいくつも回るのは面倒…」
「グレードは下げたくない…」
「査定後のディーラーの売り込みがイヤ」
などなど、
新車の購入を検討してみると
悩みが尽きない…
という方、
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したけど
「聞かれてもわからない」
「ディーラーに行けばいいんじゃない」
と一蹴される始末。
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。
そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


下取り車を高く売るには?


下取り車である
あなたの愛車を高く売るには
一社だけでなく数社に査定をしてもらう事が
必要になります。
数社というと何社くらいが良いのか
というと、最低でも3~5社!
3~5社回ることで、
相場が見えてくるので
交渉もしやすくなり、
一番高値で提示してくれた
業者に決めることができます。
ですが!!
3~5社回るとなると、
結構な重労働になりますよね。
しかも、査定時間に30分くらいかかります。
そして、
当然その後は営業マンからの
営業が始まります。
スタートは買取り限度額より、
50万くらい安く始まります。
またそのやりとりには、
時間もかかり、押しに弱い人は
断ることもできず、しぶしぶ
売却することにもなりかねません。
ではどうしたら!?

 

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額
下取り車をどこよりも高く売る方法
そのワザというのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。
先ほども
お伝えしましたが、
愛車を高く売るには
買取り業者を数社まわる必要があると
おつたえしました。

これができるのが、
クルマ買取りオークションなんです。
クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。
あなたの愛車の情報が
ネットオークションに掲載され、
最大5000社から買取りオファーが
受けられる新しい買取りサービスになります。

一括査定サイトはもう古い!?

一括査定サイトが少し前に
流行りましたが、利用者の評判が
良くなかったということがあり
今では利用者が減っています。
一括査定サイトは申し込んだ瞬間に
自分の情報が複数の買取り店に渡ってしまう事。
更に、たくさんの業者からメールや電話が
ひっきりなしに来るので、
利用者にとってはかなりの負担となって
いました。

口コミや評判では
「結構、面倒だった」
「電話がしつこかった」
「断るのが面倒…」
などなど
こういった一括査定サイトの
デメリットを解決し、
更に
手軽に簡単にわかりやすく
高値で愛車を売ることができる
サービス
クルマ買取りオークションの
ユーカーパック
なんです。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

買取りオークション「ユーカーパック」メリット!

かんたん」「安心」「高く売れる」が
特徴の「ユーカーパック」

メリットは?
・完全無料
・査定は一回きり
・あなたに代わりオークションに掲載
・最大5000社が入札しあう
・査定から売却を代行
・個人情報が公開されない
・営業電話が無い

などなど上げたらきりがないくらいです。

買取店が参加するオークションなので、
買取店同士が競り合ってくれるので、
高い買取価格に繋がります

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

更に
マツダRX-7(2002年車)が
150万くらいで売れたら良いと思ったら
311万円まで上がって
ビックリしたなんていう
利用者もいました。

買取りオークションは
買取業者が
あなたの愛車をオークションで
競り合う形になりますので
どんどん金額が上がっていくんです

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ユーカーパックが人気の理由

「ユーカーパック」
新しい買取りサービスで
本当に最高レベルの
買取りオークションと言えます。

ユーカーパック
最大5000社の買取業者
オークションで競り合うサービスです。

あなたは買取りオークション
に車を登録するだけ!

後は買取業者が競り合って
くれるので、結果を待つだけ。

その「ユーカーパック」
人気の理由は

60秒程度でできる
簡単な入力であなたの
愛車の最大の下取り価格が
わかる
こと。

電話やメールが無い
という事。

一番の理由は
どこよりも高い買取り金額を
実現できるという事なんです。

しかも、査定方法は
とっても簡単!

スマホやパソコンがあれば
簡単かつすぐに
査定金額がわかるんです。

この手軽さも人気の秘訣

実際に利用した人が
「ディーラーで30万円だった下取りが
このサイト経由で査定したら50万アップの
80万円になった」

という口コミもあり、
かなりネット上で話題となりました。

「ユーカーパック」は
新しい買取りサービスで
本当に最高レベルの
買取りオークションと言えます。

登録されている買取業者も
「ガリバー」を始め、誰もが知っている
業者や今まさにその車を
欲しがっている業者などが
多数登録しているんです。
そんな業者などが
競い合うんですから
必然的に高値になりますよね。

このサイトを活用し
愛車の下取り価格を上げることで、
実質、値引き額が大きくなったのと
同じことですから、
もう、ディーラーの値引きに
悩むことはないはず。

実際、
ディーラーの値引き価格というのは
実質相場が決まっているんです。

ですから
いくら頑張っても
たいして増えないのが現状なんです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ディーラーの値引き価格の相場を越える値引きをさせるには?

先ほど、ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっているという
お話をしましたが、
例外があります。

それは、下取りがある場合なんです。

商談時、ディーラーの営業マンは
下取り価格を安くし、
値引き価格を大きく見せるテクニック
を使います。

そうすることで、
損失分を相殺するというやり方を
使います。

ここで大事なのが

あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝えることです。

そのうえで、
値引き価格を増やしてもらえば
良いのです。

そして、購入を決める時に、

「やっぱり下取りに出すのは辞めます」

と、こう伝えるだけでいいんです。

営業マンとしては
一度提示した値引き金額を
なかったことにはできませんからね。

この方法の成功事例は
数多く上がっています。

私も営業マン時代、
この方法をとられたことがあり、
上司に怒られるほどの値引を
したことがあります。

この方法が新車を最安値で購入する
必殺の裏ワザなのです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩